今回はデイリー杯クイーンカップの好走血統を見ていこう。

桜花賞へ向けた3歳牝馬の戦いで狙うべき血とは何なのだろうか? 探っていくことにしよう。

クイーンカップ│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
フォーエバーモア1ネオユニヴァースPentelicus
マジックタイム3ハーツクライブライアンズタイム
ニシノアカツキ5オペラハウスアグネスタキオン
ウキヨノカゼ4オンファイアフサイチコンコルド
スイートサルサ3デュランダルGrand Lodge
イリュミナンス2マンハッタンカフェトニービン
ジーニマジック8ダイワメジャーAlzao
ヴィルシーナ2ディープインパクトMachiavellian
イチオクノホシ1ゼンノロブロイKendor
エクセラントカーヴ6ダイワメジャーA.P. Indy
ホエールキャプチャ2クロフネサンデーサイレンス
マイネイサベル5テレグノシスサンデーサイレンス
デルマドゥルガー4リンカーンジェイドロバリー
アプリコットフィズ1ジャングルポケットサンデーサイレンス
プリンセスメモリー10スウェプトOBバブルガムフェロー
テイラーバートン2ジャングルポケットノーザンテースト

集計期間:2010. 2.20 ~ 2014. 2.18

持続力の血

まず注目したいのはグレイソヴリンだ。過去5年すべての年でグレイソヴリンの血を持った馬が好走している。

マジックタイム 父母父トニービン(グレイソヴリン系)
イリュミナンス 母父トニービン
イチオクノホシ 母父Kendor(グレイソヴリン系)
マイネイサベル 父テレグノシス(グレイソヴリン系)
デルマドゥルガー 父母父トニービン
アプリコットフィズ 父ジャングルポケット(グレイソヴリン系)
テイラーバートン 父ジャングルポケット

ご覧のとおり、好走馬16頭のうち、7頭がグレイソヴリンの血を内包していた。

東京は直線が長いため、キレ味とともに持続力が求められる。グレイソヴリンは持続力の血であるため、持っていれば長くいい脚を使える馬になることが多いのだ。

よって、まずはグレイソヴリンに着目してみるべきだろう。

父非サンデー系の台頭

もう一つ注目したいのは、東京マイルの近年の傾向だ。

東京のマイル重賞では父非サンデー系が台頭しやすい。言い方を変えると、父サンデー系で決着することはほとんどない。

先週の東京新聞杯は父非サンデー系のアルフレード(父シンボリクリスエス)とフルーキー(父リダウツチョイス)が2、3着。

昨年のアルテミスステークスは父アルデバランIIのトーセンラーくが穴を開けたし、その前の富士ステークスでは父キングヘイローのシャイニープリンスが激走した。

昨年の安田記念で16番人気のグランプリボス(父サクラバクシンオー)が、NHKマイルカップでは17番人気のタガノブルグ(父ヨハネスブルグ)と12番人気のキングズオブザサン(父チチカステナンゴ)が大穴を開けたのは記憶に新しい。

つまり、東京新聞杯のマイル重賞では父非サンデー系が穴を開ける期待値が高いわけだ。

・グレイソヴリン
・父非サンデー系

この条件に該当する馬は注意しておくべきだろう。

なお、今年の出走馬でこの条件を完全に満たしている馬が1頭いる。抽選組のため、出走できるかわからないが、出てきたら重たい印を打つべきだろう。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!