フェアリーステークスの出走馬と枠順が発表された。

コートシャルマンやカービングパスといった有力馬たちはどんな枠順に入ったのか? 注目の伏兵たちは台頭できるのか? 見ていくことにしよう。

フェアリーステークス枠順

2015年 1月12日(月) 1回中山5日目 16頭 [15:35発走]
【11R】  第31回フェアリーS
3歳・オープン・G3(別定)(牝)(国際)(特指) 芝1600m (C)

馬名S性齢斤量
11テンダリーヴォイス牝3 54
12コートシャルマン牝3 54
23ヤマタケマツリ牝3 54
24ノットフォーマル牝3 54
35トラストレイカ牝3 54
36オーミアリス牝3 55
47ハナズプルメリア牝3 54
48マラケシュ牝3 54
59エヴァンジル牝3 54
510カービングパス牝3 54
611ナイアガラモンロー牝3 54
612ギンザヴィクトリア牝3 54
713アドマイヤピンク牝3 54
714メイショウメイゲツ牝3 54
815ローデッド牝3 54
816トーセンラーク牝3 54

フェアリーステークス│過去6回枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 1-10/128.3%16.7%3729
2枠1- 1- 3- 7/128.3%41.7%19170
3枠0- 1- 0-11/120.0%8.3%0156
4枠3- 0- 0- 9/1225.0%25.0%790176
5枠1- 0- 0-11/128.3%8.3%56054
6枠0- 1- 0-11/120.0%8.3%044
7枠0- 2- 1- 9/120.0%25.0%054
8枠0- 1- 1-10/120.0%16.7%064

集計期間:2009. 1.11 ~ 2014. 1.13

傾向は一目瞭然だろう。注目したいのは複勝回収値だ。

4枠から内が優れた回収値を記録しているのに対し、外枠はかなり低調な数字となっている。

中山は連続開催であるものの、年明けからコースが替わる。これに伴い、内有利の傾向が復活するのだ。実際、今年も12月まではフラットかやや外有利であったものの、先週はやや内有利な馬場に変わっている。

人気が予想されるコートシャルマンは1枠2番、カービングパスは5枠10番、テンダリーヴォイスは1枠1番に入った。カービングパスはやや外になったものの、極端に外という馬はいない。一方、立ち回りのうまさを活かしたいトーセンラークにとって、大外16番というのはかなり厳しい。

なお、いい枠順を引いたと感じるのはこの馬だ。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!