中山金杯の出走馬と枠順が発表された。

皐月賞馬ロゴタイプや重賞実績があるラブリーデイ、上昇度ナンバーワンのマイネルミラノらが出走する。

発表された枠順とともに、過去のレースを振り返り、“枠順の明暗”を探っていこう。

中山金杯枠順

1−1 マイネルミラノ
1−2 ラブリーデイ
2−3 ナカヤマナイト
2−4 ロゴタイプ
3−5 デウスウルト
3−6 ヒュウマ
4−7 メイショウナルト
4−8 アイスフォーリス
5−9 ユールシンギング
5−10 マイネルフロスト
6−11 ペルーサ
6−12 クランモンタナ
7−13 ケイアイエレガント
7−14 ラブイズブーシェ
8−15 バッドボーイ
8−16 アンコイルド
8−17 パッションダンス

中山金杯│過去10回枠順別成績

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 0-17/185.6%5.6%5.6%4616
2枠3- 2- 1-14/2015.0%25.0%30.0%77112
3枠2- 0- 1-17/2010.0%10.0%15.0%9348
4枠0- 1- 1-18/200.0%5.0%10.0%033
5枠1- 2- 4-13/205.0%15.0%35.0%36215
6枠1- 3- 3-13/205.0%20.0%35.0%28132
7枠2- 1- 0-17/2010.0%15.0%15.0%4538
8枠0- 1- 0-18/190.0%5.3%5.3%011

集計期間:2005. 1. 5 ~ 2014. 1. 5

全体的な傾向として内枠より外枠のほうがいい

勝ち馬こそ、内枠から出ているものの、回収値はあまり高くない。反対に外枠は回収値が高く、穴馬が好走していることが分かる。

それほど明確な差はないため、「内枠だから消し」とまでは言わないが、外枠だからといって不利にはならないという点はおさえておきたい。

なお、外枠がやや良いというのは中山金杯に限ったことではない。1月に同じコースで行われる京成杯も、外有利なレースとして知られている。

京成杯│過去10回枠順別成績

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 1-12/147.1%7.1%14.3%3324
2枠0- 2- 1-11/140.0%14.3%21.4%079
3枠0- 1- 1-12/140.0%7.1%14.3%084
4枠1- 1- 3-11/166.3%12.5%31.3%2858
5枠3- 1- 0-14/1816.7%22.2%22.2%10875
6枠2- 1- 2-14/1910.5%15.8%26.3%6078
7枠2- 0- 1-17/2010.0%10.0%15.0%4386
8枠1- 4- 1-14/205.0%25.0%30.0%1159

集計期間:2005. 1.16 ~ 2014. 1.19

ご覧のとおり。こちらはより傾向が顕著に現れている。

まとめると、中山金杯はやや外枠が優勢。控えめに言ってもフラットだ。外枠は嫌われがちであるが、中山金杯に関してはあまり気にしなくていいだろう。

となると、いい枠順を引いたと感じるのはこの馬だ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!