来週に迫っている“グランプリ”有馬記念。すでに当ブログに「有馬記念」という検索ワードで当ブログを訪れる方が多くなっている。中にはこの有馬記念から競馬に興味を持つ方もいるだろう。

そこで当ブログでは、有馬記念特別企画として「1週前全頭診断」をお届けする。今回は後編。出走予定馬のイメージを大まかに掴み、有馬記念へのワクワク感を高めていこう!

1週前全頭診断/後編

ジェンティルドンナ

引退レースに臨む歴史的名牝。今回が中山初見参となる。はっきり言って、適正は全く合わないだろう。東京適性が高過ぎて中山は合わない。有馬記念と同じくタフさが求められる宝塚記念で2年連続人気を裏切っている点を見れば明らかだろう。最後の意地に期待したいが、人気を背負って飛んでほしい馬という位置づけ。

ジャスタウェイ

世界ナンバーワンの称号に輝いた。今回がラストラン。昨年の天皇賞秋から怒涛の連勝街道を歩み、ジャパンカップでは状態の悪さがささやかれながら2着に食い込んだ。父がディープインパクトを破ったレースで親子制覇を飾れるか? おそらく中山は問題ない。天皇賞春やジャパンカップで好走しているが、中山記念のように器用な競馬もできなくはない。ここでも有力だろう。

フェノーメノ

天皇賞春連覇を成し遂げた現役屈指のステイヤー。今秋のGIは期待外れに終わっているため、巻き返したいところ。血統的には悪くない。しかし、いかんせステイゴールドらしくなく、荒れた馬場を苦手としている。(宝塚記念の凡走を参照。)中山適性はないわけではないが、穴馬としてはワンパンチ欠けるか。あとは人気と相談。

メイショウマンボ

牝馬GI3勝、母父にグラスワンダーを持つ。血統的には走りそう。しかし、古馬になってから牡馬混合戦(0−0−0−4)と、いずれも1秒差以上の大差を付けられて負けている。さすがに買いづらい。

ラキシス

エリザベス女王杯を制した勢いを持って参戦。ただエリザベス女王杯は血統評価「A」としたように、適正が抜群だった。中山替わりはプラスではないだろうし、牡馬の一級線とまじると、さすがに苦しいと言わざるを得ない。

ラストインパクト

GI実績こそないが、ローカルでコツコツと力をつけ、京都大賞典→金鯱賞とGIIを連勝。母父ティンバーカントリーということでディープインパクト産駒としてはキレ味特化型ではない。これが有馬記念に合う。4歳秋という充実期にあるだけに、期待したい1頭だ。不安材料があるとすれば、夏場から休みなく走っていることか。

ワンアンドオンリー

第81回日本ダービーを制したハーツクライ産駒。秋のGIでは結果が出せていないため、ここでは巻き返しが期待されるところだが、どうか。有馬記念は“余力勝負”のGI(詳しくは後日検証)だが、今年はすでに秋3戦を消化している。おそらく余力はなく、激的な良化を期待するのは難しい。となると、ここでも復活は厳しいか。

ヴィルシーナ

ヴィクトリアマイル連覇したジェンティルドンナ世代の2番手。宝塚記念で3着に粘り、穴を開けている。たださすがに今回はどうか。中山芝2500mがベストだとは思えないし、宝塚記念よりはるかに強いメンバーが揃っている。繁殖に備えて無理はさせたくないはずだし、生還が妥当か。

なお、現時点での穴馬候補は以下になります。

その馬の名(有馬2)は↓↓(ランキング内で『有馬2→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!