さて、まずは激走の期待が高い馬、通称“ゲキ馬”から紹介していこう。

本日は東京10Rのノーベンバーステークスから。

その馬の名(Q)は↓↓(ランキング内で『Q→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

東京芝中距離といえばこの種牡馬。前走速い上がりを使っているという点も期待値が高い。なかなか好メンバーが揃ったが、適正の高さで一発穴を開けてほしい

東京11R 京王杯2歳ステークス

京王杯2歳Sの検証、未読の方はこちらから御覧ください。

↓↓↓

京王杯2歳ステークス2014血統予想│検証まとめと嫌いたい馬

上記の検証を頭に入れた上で、アポロノシンザンを穴馬として推奨したい。

◎早熟血統
◎逃げ・先行馬

京王杯2歳SはファンタジーSと違い、後傾ラップになりやすい性質を持っている。さらに中盤が明らかに緩む傾向にある。

中盤が緩むということは、前の馬たちにとって有利な展開になる。当然、逃げ・先行馬の期待値が高い。実際、脚質別の成績を見てみると……

脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ1- 0- 3- 6/ 1010.0%40.0%619452
平地・先行3- 5- 5- 24/ 378.1%35.1%71124
平地・中団5- 3- 1- 52/ 618.2%14.8%10578
平地・後方1- 2- 1- 32/ 362.8%11.1%4231

集計期間:2004.11.13 ~ 2013.11. 9

ご覧のとおり、逃げ・先行馬の好走率、回収値が明らかに高い。

後方から上がり1位を叩きだしてくるような馬はあくまでもヒモまで。ここでは先行馬狙いに徹するべきだ。

アポロノシンザンは数々の2歳重賞ウィナーを輩出しているサクラバクシンオー産駒。前走のくるみ賞では逃げ粘って3着となっている。

フロック視されて全く人気はないが、今回1番人気のニシノラッシュに0.1秒差でこの人気はないだろう。

もともと先行して上がり5位以内の脚で終いをまとめられるタイプ。京王杯2歳Sで最も強調できるタイプであり、ここは狙ってみても面白いはずだ。

ただ、血統的により魅力的な馬がいるため、本命は別の馬に打ってある。その本命馬も含めた予想の完全版は競馬予想グランプリで配信中。よろしければ、そちらをご参照あれ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!