京王杯2歳ステークス│過去5回好走馬血統

着順馬名種牡馬母父馬
カラダレジェンドフレンチデピュティサンデーサイレンス
クインズハリジャンスペシャルウィークStorm Boot
ラブリープラネットダイワメジャートワイニング
$エーシントップTale of the CatUnbridled’s Song
ラブリーデイキングカメハメハダンスインザダーク
カオスモスマイネルラヴファルブラヴ
レオアクティブアドマイヤムーンオペラハウス
サドンストームストーミングホームGreen Desert
オリービンダイワメジャーZilzal
グランプリボスサクラバクシンオーサンデーサイレンス
リアルインパクトディープインパクトMeadowlake
テイエムオオタカホワイトマズルネヴアーダンス
$エイシンアポロンGiant’s CausewaySadler’s Wells
アニメイトバイオゼンノロブロイフレンチデピュティ
ツルマルジュピターマンハッタンカフェMiswaki

集計期間:2004.11.13 ~ 2013.11. 9

概要

京王杯2歳Sは東京芝1400mで行われる2歳重賞だ。ファンタジーSと同じく、こちらも毎年波乱になることが多い

なんと、5年で1番人気が1頭も馬券に絡んでいないのだ。2010年にはオルフェーヴルが1番人気に支持されながら10着に大敗したのは記憶に新しい。

この時、オルフェーヴルは覚醒前だった。しかし、あのオルフェーヴルがこうもあっさりに負けてしまうところに、芝1400m重賞の“本質”が隠れている

その本質を解き明かし、馬券的中につなげていくためにしっかりと検証していこう。

好走血統初見

米国ダート血統(ミスプロ系、ヴァイスリージェント系)が優勢

・ただし米国ダート血統×米国ダート血統の組み合わせはあまり思わしくない

・サンデー系ではダイワメジャーやマンハッタンカフェといった「持続力>瞬発力」といったタイプが◎。とはいえ、全体的に強調できない

・母系にサドラーズウェルズやフェアリーキングといった重た目の血を持った馬も走っている

パッと見、面白いと思うのはこの馬↓↓(ランキング内で『C→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

京王杯2歳ステークスの徹底検証記事一覧はこちら↓↓

京王杯2歳Sの検証はこちらをクリック!