全頭診断その3

今週は新潟記念の徹底検証を行っている。今回は恒例の“全頭診断”を行う。

「血統」に加えて「ラップ検証」、「必殺ファクター」といった様々なデータを用いて検証を行ってきた中で、各馬の「総評」をお届けする。今回は第3弾。なお、

新潟記念全頭診断完全版
渾身の10,000字

は「勝ち組育成メルマガ」でお届けする。興味がある方は、登録してみてほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。メンバーを1頭ずつ切っていこう。

新潟記念全頭診断その3

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去1年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

7−13 マーティンボロ
レース特注血統→?
夏季特注血統→?
必殺ファクター→?

※項目別に◯△×で出走馬を査定。以下の馬たちはメルマガで!

メールマガジンに掲載

7−14 トーセンジャガー(B)
父マンハッタンカフェ、母父ジェイドロバリーという血統。

マンハッタンカフェは当コースの特注種牡馬であり、ジェイドロバリーはニジンスキーの血を引いている。ノーザンダンサーの血が薄いため、「A」評価には至らないものの、十分魅力的だといえる。

もっとも、それくらいしか強調材料がない。

そもそもトーセンジャガーが勝った準オープンのスピカSは7頭立てでメンバーが薄く、その恩恵をもろに受けた中での勝利だった。ここに入ってしまっては、実力的に厳しい面がある。

血統面を評価して買いたい気持ちはあるが、ここまで印は回らない可能性が高い。

7−15 ラストインパクト
メールマガジンに掲載

8−16 クランモンタナ
メールマガジンに掲載

8−17 ヴィクトリースター(A)
父ディープインパクト、母父カーリアンという血統。

血統的には抜群に面白い。特に母系はニジンスキー系×ロベルト系。新潟記念に必要な要素の詰め合わせといっても過言ではない。

ただ期待した七夕賞で案外だったことを考えると、重賞ではワンパンチ足りないのかもしれない。枠順的にも脚質的にも、強調できる要素はない。

血統的に拾っておきたいため、全く人気がなければ抑えておきたいが、博打的な色合いが強い馬だ。

8−18 アスカクリチャン(B)
父スターリングローズ、母父ダイナレターという血統。

父ミスプロ系というのはマイナスだ。しかし、それ以外に魅力的な要素が満載なのが悩ましい。(中略)2年前にこのレースで好走しているのは伊達ではない。

もっとも、ここに挑む過程が悪すぎる。函館記念惨敗後、連闘でエルムSに臨むもダート適性のなさを露呈し、再び惨敗。もう1年近く馬券に絡んでいない。

加えて8枠18番という極端過ぎる枠に当たってしまった。苦戦を強いられるのは間違いないだろう。

ということで、この中で「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名(L)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!