全頭診断その2

今週はアイビスサマーダッシュの徹底検証を行っている。今回は恒例の“全頭診断”を行う。

「好走血統」に加えて「不振血統」や「必殺ファクター」といった様々なデータを用いて検証を行ってきた中で、各馬の「総評」をお届けする。今回は第2弾。なお、

アイビスサマーダッシュ全頭診断完全版
渾身の7,000字

は「勝ち組育成メルマガ」でお届けする。興味がある方は、登録してみてほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。メンバーを1頭ずつ切っていこう。

アイビスSD全頭診断その2

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去1年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

5−7 パドトロワ(C)
父スウェプトオーヴァーボード、母父フジキセキという血統。

スウェプトオーヴァーボードはミスプロ系でダートGIと関連性が深い。ただ、あまりこのコースを得意としていない。2013年以降は(0−0−2−16)と、20頭近く走っていながら連対馬すら出ていない。

昨年、函館スプリントを制して以降は迷走を続けている。最近は中距離を使ったり、ダートを使ったりしているが結果は出ず。トンネルの入口はなかなか見えてこない。

ただエクスキューズがあるとすれば、まさにそこだろう。

1、3走前→ダート×(合わない)
2、4走前→距離×(1400M以上では厳しい)
6走前→展開×(逃げ馬が好位組を潰す展開)

ご覧のとおり、近走は条件が悪すぎた。すべて敗れた理由が明確にあったのだ。

だからといって復活の可能性が高いとは思わない。昨年のアイビスSDでは、今年と同じような条件の中で見せ場なく敗れている。復活する可能性は低いだろう。昨年より歳を重ねたことがプラスに働くことはない。

当然、高く評価することはできない。ただ復活があるとすれば、久々に走れそうな条件で走れるところ、だと見ている。

6−8 アンゲネーム
メールマガジンに掲載

6−9 リトルゲルダ
メールマガジンに掲載

7−10 アースソニック(C)
父クロフネ、母父サクラユタカオーという血統。

クロフネはダートGI馬であり、期待値の高いノーザンダンサー系だ。また、サクラユタカオーはご存知のとおりサクラバクシンオーの父である。

特別強調できる血というわけではないが、走ってもおかしくない背景はある。

外枠に入ったことで必殺ファクターに合致。この枠順は本当に大きい。

前走の函館スプリントではロスがあった中でよく伸びてきた。ここ最近は安定して走っているし、ここでも走れる力はある。

7−11 アンバルブライベン
メールマガジンに掲載

8−12 フクノドリーム
メールマガジンに掲載

8−13 シャイニーホーク(D)
父フジキセキ、母父サクラユタカオーという血統。

フジキセキはこのレースと相性の悪いサンデー系で好走血統とは異なる。

また、フジキセキ産駒自体、このコースを得意としているとは言いがたい。2011年以降、49頭が出走して(0−6−3−40)と1頭も勝っていないのだ。

好走した9頭はほとんどが人気馬で、6番人気以下になると(0−1−0−30)とほとんど出番がない。

オープンで頭打ち状態が続いていたため、陣営としてはきっかけを掴みたいのだろうが、適性は合っていないと言わざるを得ない。

いい枠順を引いたが、さすがにここは荷が重い。

ということで、この中で「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名(J)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!