今週は七夕賞とともに、中京でプロキオンSが行われる。

今回は中京ダート1400Mで行われる重賞レースの展望を行っていこう。どんな血統の馬を買うべきなのだろうか?

サンデーの血がカギを握る!

中京ダート1400Mで最も強調できる血統は何か? ずばり「サンデーサイレンス」である。

普通、ダート戦ではアメリカの名血を狙うのがセオリーだ。

アメリカはダート競馬が主流のため、芝路線が重視される日本よりもレベルが高い。当然、アメリカ産のダート馬は日本で「芝で走らせるために生産した馬たち」より強い。

だからアメリカで主流となっているボールドルーラーやストームバードといった系統を狙うのがセオリーなのだ。

もちろん、中京ダート1400Mでもボールドルーラー系の期待値は高い。

しかし、それ以上に良い成績を残しているのがサンデーサイレンス系の馬たちなのだ。

実際、2013年以降の中京ダート1400Mの成績を見てみると、サンデーサイレンス系の種牡馬が上位を占めている。

例えばサンデー系の“ダート王”ゴールドアリュールの成績は……

◆ゴールドアリュール産駒
集計期間:2013. 1.19 ~ 2014. 3.30
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
5- 4- 5-16/30 16.7% 46.7% 169 123
——————————————–

ご覧のとおり、非常に優れた成績を残している。

しかも成績がいいのはゴールドアリュールだけではない。スペシャルウィーク、マンハッタンカフェ、ダイワメジャーといった種牡馬たちも複勝率40%以上を誇っている。

まとめると、プロキオンSではサンデーサイレンスの血を狙うべき。反対にアメリカ色が強すぎる馬はここでは割り引いたほうが良さそうだ。

となると、人気になりそうな中で最も強調できそうなのはこの馬だ。

その馬の名(D)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!