全頭診断その2

今週は安田記念の徹底検証を行っている。今回は恒例の“全頭診断”を行う。

「好走血統」に加えて「道悪血統」を紐解き、「必殺ファクター」といった様々なデータを用いて検証を行ってきた中で、各馬の「総評」をお届けする。今回は第2弾。なお、

安田記念全頭診断完全版
渾身の8,000字

は「勝ち組育成メルマガ」でお届けする。興味がある方は、登録してみてほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。メンバーを1頭ずつ切っていこう。

安田記念全頭診断その2

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去1年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

4−7 ホエールキャプチャ
メールマガジンに掲載

4−8 ミッキーアイル
メールマガジンに掲載

5−9 ダノンシャーク(B)
父ディープインパクト、母父カーリアンという血統。

昨年3着となった馬だ。血統的には何ら問題がない。母父はニジンスキーの血を引いていて、セントサイモンの血も通っている。母系には底力が溢れていて道悪もこなせそうに見える

昨年のレースやオータムハンデ(2着)で厳しい流れのレースでも好走できるところは証明している。58キロを背負っても問題はない。

前走は1400Mが合わなかったことが敗因。ノーカウントでOKだ。

好走した昨年と違うローテーションというのはネックだが、おそらく人気を落とすだろう。となると、気にしておかなければいけない1頭だ。

5−10 ジャスタウェイ
メールマガジンに掲載

6−11 ショウナンマイティ(B)
父マンハッタンカフェ、母父ストームキャットという血統。

3代以内にセントサイモン系のラインを2本持つ馬。昨年の2着馬であり、血統的には問題ないだろう。

ただ昨年の2着以降は精彩を欠いていて、衰えを感じずにはいられない

実際、マンハッタンカフェ産駒は6歳になるとパタッと成績を落とす馬がとても多い。

◆年齢別集計
種牡馬:マンハッタンカフェ/人気:指1-10人
————————————————————-
年齢 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
————————————————————-
3歳 13- 14- 9- 81/117 11.1% 30.8% 108 93
4歳 5- 9- 8- 45/ 67 7.5% 32.8% 73 102
5歳 7- 7- 8- 48/ 70 10.0% 31.4% 89 77
6歳 2- 1- 4- 32/ 39 5.1% 17.9% 67 62
7歳 0- 1- 2- 15/ 18 0.0% 16.7% 0 61
————————————————————-

ご覧のとおりだ。6歳の2勝はどちらも牝馬であり、6歳以上の牡馬は重賞未勝利。またGIを見てみると、3勝のうち2勝が3歳馬(ジョーカプチーノとレッドディザイア)で、残りの1勝も4歳春のヒルノダムールだった。

こう考えると、衰えていると判断するには十分だし、なかなか手を出しづらい。

6−12 グランプリボス(C)
父サクラバクシンオー、母父サンデーサイレンスという血統。

一昨年の2着馬であり、私の本命馬だった。さすがに13番人気で2着に激走した時には胸が高鳴った。

ただ、今年も同じような働きを期待するのは難しいだろう。昨年の安田記念以来、リズムをつかめていないし、半年の休み明けの6歳馬というのも常識的に考えづらい。

道悪というのも決してプラスではないだろうし、出番はないだろう。

ということで、この中で「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名(I)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!