軸馬を探しだせ!

前回はヴィクトリアマイルの“前哨戦の明暗”に関して検証を行った。

どういったローテーションを歩んできた馬が強調できるのか、どういったパフォーマンスだった馬がダメなのか、明確に分かったはずだ。

今回は過去8年のヴィクトリアマイルで勝率36%、複勝率65%を誇る激走馬発掘ファクターを紹介しよう

激走馬を見つけるには?

まず、下記の記事を未読の方は、こちらから読んでほしい。

【ヴィクトリアマイル2014】データが示すレースのポイントとは?
ヴィクトリアマイル2014|データが示す前哨戦の“明暗”とは?

過去の検証で挙げてきたポイントは……

・前走上がり1、2位馬の苦戦
・距離延長組の不振
・前走ローカル組の成績の悪さ
・前走後方待機組の脆さ

主にこの4つのことだ。反対に言えば、マイナスファクターに合致していないプラスファクターに溢れた馬を選ぶことが的中への近道になる。

これに加えて、GIや牝馬限定戦で強調できない事項に合致していない馬なら、信頼性はかなり高いと言える。

この「激走馬発掘ファクター」に該当した馬は、驚異的な成績を残している。

◆ヴィクトリアマイル、激走馬発掘ファクター該当馬
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
5- 1- 3- 5/14 35.7% 64.3% 561 338
——————————————–

ご覧のとおり、勝率は40%に迫る勢いで、複勝率も65%と高い水準だ。何より回収値が非常に高い。

なぜならコイウタ(12番人気1着)、ニシノブルームーン(11番人気3着)、ドナウブルー(7番人気2着)といった穴馬が激走しているからだ。

このファクターに合致していれば、人気にかかわらず好走の可能性が高いといえる。

「激走馬発掘ファクター」の詳細はメルマガで配信するが、基本的にはこのファクターに合致する馬の中から本命を選びたいと思っている。

今回は、このファクターの“準クリア馬”を紹介しておこう

その馬の名(F)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この馬は前走、ローカルで走っているため、ファクターをクリアしていない。しかし、前走のレースレベルが非常に高かった。中央の牝馬限定戦に勝るとも劣らないレベルだったし、その他の項目はほとんどクリアしているため、注意していく必要がありそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!