穴馬を探しだせ!

今回は新潟大賞典の「激走馬発掘ファクター」を紹介しよう。

過去6年、1番人気馬が1度も馬券に絡んだことのない、まさに波乱必至な重賞レースで激走馬を見つけるためにはどうすればよいのか?

その発掘方法を紐解いていこう。

激走馬発掘ファクター

新潟競馬場は日本一直線が長い。当然、逃げ馬にとっては厳しいコースで、「いかに速い上がりを使えるか」が最大のポイントとなる。

実際、過去10年、上がり1位を使った馬の成績は……

————————————————————
脚質上り 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
————————————————————
3F 1位 5- 3- 2- 2/ 12 41.7% 83.3% 228 205
————————————————————

驚異的な成績となっている。ちなみに上がり2、3位馬の成績もよく、ともに複勝率は45%、複勝回収値は100を軽く超えている。

当然、前走速い上がりを使った馬が強調できる。前走上がり2位以内だった馬だけをピックアップしてみても……

——————————————————-
前走脚質 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————————-
1~ 2位 5- 4- 4-18/31 16.1% 41.9% 98 168
——————————————————-

ご覧のように、秀逸な成績となっている。

前走上がり2位以内の馬を軸にする

これが、新潟大賞典における大原則なのだ。

さらにここからいくつかのマイナスファクターに該当する馬を除外していくと、激走馬発掘ファクターが完成する。

◆新潟記念激走馬発掘ファクター
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
5- 4- 1- 6/16 31.3% 62.5% 191 266
——————————————–

驚異的な成績であることが分かるはずだ。特に見て欲しいのは回収値。過去10年、このファクターに該当する馬の単複を買い続けるだけで回収率は200%以上になるわけだ。

今年も、このファクターに該当する人気薄の馬に本命を打つことが高額配当への最短ルートである。

新潟記念激走馬発掘ファクター完全版はメルマガで配信予定だが、今回は特別に該当馬を1頭、紹介しておこう

その馬の名(E)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

3歳のクラシックを故障により棒に振ったが、前走は完勝して完全復活を印象づけた。同じような走りができれば、好走する可能性はかなり高そうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!