全頭診断その2

今週はフィリーズレビューの徹底検証を行っている。今回は恒例の“全頭診断”を行う。

「血統」、「好走ローテ」など、様々な観点から検証を行ってきた中で、各馬の「総評」をお届けする。今回は第2弾。

なお、完全版は「勝ち組育成メルマガ」でお届けするため、そちらに登録してほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。メンバーを1頭ずつ切っていこう。

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去1年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

5−9 グランシェリー
メールマガジンに掲載

5−10 ヤマノフェアリー
メールマガジンに掲載

6−11 ホッコーサラスター(B)
父ヨハネスブルグ、母父ダンシングブレーヴという血統。

ヨハネスブルグはダート適性が高いため、好走血統には合致しているが、早熟の可能性も秘めているという“諸刃の剣”的な血統だ。

前走は素直に強かった。ただ、血統的観点からパフォーマンスを割り引いてみておく必要がある。

重馬場で行われた前走は、“道悪の鬼”ダンシングブレーヴの血が騒いだと考えるのが妥当だ。そう考えると、あまり高く評価しすぎるのは良くない。

安定感はあるため拾っておきたいところだが、本命に抜擢するだけのパンチ力には欠ける印象だ。

6−12 ニホンピロアンバー(B)
父スウェプトオーヴァーボード、母父デヒアという血統。

父、母父ともにダートの活躍馬を輩出している種牡馬。血統的には悪くない。

スウェプトオーヴァーボード産駒は距離短縮時の期待値が高い。阪神外回りの阪神JFから内回りの1400Mへの移行は明らかにプラスに働くだろう。

阪神JFでは大敗しているが、「もともと距離が長かった」、「血統的に合わない」、「先行勢不利の流れ」という三重苦が重なっての凡走だった。

力は足りないだろうからあまり重い印は打てないが、3連複で拾って抑えておきたい1頭ではある。

7−13 リアルヴィーナス
メールマガジンに掲載

7−14 エスメラルディーナ
メールマガジンに掲載

8−15 レムミラス(B)
父キングヘイロー、母父ダンスインザダークという血統。

キングヘイローはノーザンダンサー系だが、ダート適性が高い。そして母父のダンスインザダークは阪神芝1400Mとの相性が抜群で、今開催の注目血統でもある。

血統だけ見れば、買いたい要素は多い。

もっとも、戦績を見るとなかなか手が出しづらい。

ダート、芝1400M実績ともに持っておらず、今回は距離延長のローテーションだ。人気馬ならまだしも、力が劣る馬でこのローテーションではかなり買いづらい

内枠ならまだ魅力があったが、8枠に入ってしまったことで買いづらさは増した。

ここで凡走して自己条件に戻った次走で狙う、というのが正しい選択か。

8−16 アドマイヤビジン(A)
父クロフネ、母父ゴールドヘイローという血統。

父、母父ともに芝ダート兼用種牡馬であり、好走血統に合致。また、この時期のクロフネは注意すべき種牡馬の1頭だ。過去3年の1回阪神開催では……

(2−2−1−4)
勝率22%
複勝率56%
単勝回収値173
複勝回収値110

と、優秀な成績を残している。芝1400Mでの実績も豊富で、ここでは実力上位だろう。

ただ、前走も条件的には合っていたし、今回は大外枠。あまり上積みが見込めない点は残念だ。とはいえ、馬券から外せるほど、軽視していい馬ではない。

ということで、この中で「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名(J)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!