(C)fasttateyama
(C)fasttateyama

今回はフェアリーの“全頭診断”を行う。

「現在の中山の状態」、「好走ローテ」、「血統」など、様々な観点から検証を行ってきた中で、各馬の「総評」をお届けする。今回は第2弾。

なお、完全版は「勝ち組育成メルマガ」でお届けするため、そちらに登録してほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。3歳牝馬たちによる戦いの全容を紐解いていこう。

全頭診断その2

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去1年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

チャプレット(B)
父ゼンノロブロイ、母父タマモクロスという血統。

ゼンノロブロイは前述のとおり、●●●●●。そしてタマモクロスもスタミナ豊富な種牡馬であり、血統的には高い評価が与えられる

もっとも、レベル的に流石に厳しいだろう。ダート云々ではなく、単純に前走の未勝利戦はレベルが低かった。一変を期待するのは難しいだろう。

デルマサリーチャン(B)
父ホワイトマズル、母父ダンスインザダークという血統。

父非サンデー系のホワイトマズルということもあって好走血統に合致。過去1年では5頭しか中山マイルに出走していないが、うち3頭が好走するなど、適正は高い。

たださすがに前走は負け過ぎだろう。勝ち上がった未勝利戦のレベルも低かった。東京のマイルよりも中山のマイルのほうが向くのは確実だし、一変がないとは言い切れないが……

ニシノアカツキ
メールマガジンに掲載

ホットランナー
メールマガジンに掲載

マユキ(C)
父タイキシャトル、母父コマンダーインチーフという血統。

父非サンデー系で、イギリスダービー馬の血を母系に持っているため、好走血統に合致しているようにも思える。ただ、タイキシャトルは芝1600M以上の重賞ではかなり厳しくなってきていて、過去3年で(1−0−1−18)と全く振るっていない。

前走は外外を回らされてしまったためノーカウントでOK。ただ新馬戦のレベルは低かったし、サフラン賞も完全に展開が向いての5着だった。道悪の恩恵もあったと考えられる。

全く人気はないだろうから一考の余地は残っているが、印を回す優先順位は高くない。

マリーズケイ(C)
父アッミラーレ、母父メジロライアンという血統。

血統的にはこういう地味な血を応援したくなるが(笑)、私情は挟めないので真剣に解説すると、高い評価は与えられない。

アッミラーレは自身がそうだったようにダート寄りの種牡馬で、芝の重賞では厳しいというのが一つ。実際、フラワーロックがフェアリーSに出てきているが、9着に敗れている。

母父が中山重賞で欠かせないノーザンテースト系のメジロライアンというのは悪くないが、強調材料はそれくらいだ。

中山では2回馬券圏内に来ているが、どちらもスプリント戦。フェアリーSへ挑むローテーションとしてもよくない。混戦とは言え、さすがに厳しいと判断する。

リラヴァティ
メールマガジンに掲載

ルナレディ(C)
父タイキシャトル、母父サンデーサイレンスという血統。

タイキシャトルに関してはマユキの欄を参照。母父サンデーサイレンスという点で距離の融通は聞くかもしれないが、スタミナという点では疑問であるだけに、高い評価は与えられない。

実際、前走のひいらぎ賞では見せ場なく8着に敗れている。

キャリアを積んできて牡馬との対戦実績も豊富というプラス要素はあるが、血統的にもっと買いたい馬が多いここではなかなか評価しづらい。

ということで、この中で「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名(G)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!