(C)gacha3cue
(C)gacha3cue

週末の出走馬が確定した。フェアリーSでは狙っていた馬が抽選で除外となり心底ガッカリ。そしてどのレースかは言えないが、気になっていた馬に「鞍上内田」と書いてあって2倍ガッカリ。

まぁ気落ちしていても仕方がない。気を取り直して、週末に向けてしっかりと検証に励みたい。

さて、ブログではシンザン記念の有力馬について書いてきたが、今回はウインフルブルームについて触れていこう。

一番無難な馬に思えるが……

ウインフルブルームはデビューから一度も馬券圏内を外したことがない。安定していて、朝日杯FSでも3着。高いパフォーマンスを示した。

しかも朝日杯は必ずしも向いた舞台ではなかった

(今年はそうでもなかったものの)外枠不利な朝日杯で14番からのスタートは厳しかっただろうし、外外を回る展開もこたえたはずだ。その中で3着に粘った。これは素直に実力だと考えてよいだろう。

朝日杯で馬券になった馬がシンザン記念でも馬券になっている。過去に2頭しか例がない(ローレルゲレイロとペールギュント)が、いずれも3着以内に激走している。

また、朝日杯までの戦績を見ても相当優秀だ。

新馬戦ではホープフルS4着のルファシオンに完勝。野路菊Sでは世代屈指の能力を持つサンダラスに迫り、千両賞では後のラジオNIKKEI杯2歳S2着のアズマシャトルに圧勝した。

能力の高さには疑いの余地がない

こう考えると、ウインフルブルームが好走する可能性は高いように思える。

ケチを付けるとすれば血統面と状態面くらいだろう。

スペシャルウィーク産駒は時計の速い京都よりは阪神や中山のほうがいい。だから舞台適性としては若干マイナスだ。

状態面に関しては朝日杯で100%仕上げているはずなので、その反動がどうか、といったところ。

では、ウインフルブルームはどういった位置づけで扱えばいいのだろうか? 私は現時点では以下のように考えている。

その扱い(F)とは→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!