(C)arima0208

前回の検証ではジャパンカップでの好走に必要な「」について触れた。

歴代好走馬はGIでの好走実績を持っているか、最大の充実期に入っていた。今年もこれに該当する馬でないと好走は難しいだろう。

では、今回はまた違った角度からジャパンカップを考察していこう。

今年はジェンティルドンナ、ゴールドシップ、そしてエイシンフラッシュの「3強」と見られているが、この3頭で決着する可能性はあるのだろうか?

本当に3強で決まるのか?

ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、エイシンフラッシュ。

この3頭は実績、充実度ともに他馬を上回っていると言っても過言ではない。

ジェンティルドンナは今年未勝利であるものの、すべて馬券圏内に来ている。しかも天皇賞秋でのパフォーマンスは勝ち馬のジャスタウェイに勝るとも劣らないものだった。

ゴールドシップは宝塚記念を制して4つ目のGIタイトルを手にした。前走は苦手な京都で凡走したが、(得意ではないが)京都よりも適正のある東京に変われば巻き返しもありうる。

エイシンフラッシュも、毎日王冠を制して天皇賞秋でも3着と衰えを知らない。

では、やはり3頭で決着する可能性は高いのか?

もちろん、可能性はある。

歴史を振り返っても、ジャパンカップは過去10年で二桁人気の馬が来たケースは1度しかない。なぜなら「真の名馬」しか好走できないレースのため、波乱が起きにくいのだ。実際、上位3頭で決着した年も2年ある。

ただ、私は現時点では4番人気以下の穴馬が入り込む余地はあると考えている。

なぜなら、私はこの馬が「危険な人気馬」だと見ているからだ。

その馬の名は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ではなぜ、この馬が危ういのか? その理由はメルマガで書くことにする。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!