(C)arima0208

今週末は“真夏の祭典”GII札幌記念が行われる。

夏競馬はハンデ重賞が続き、波乱を呼ぶことが多い一方で、一流馬たちにとっては休息期間。全盛期にあるGI馬たちがサマーシリーズに登場することはめったにない。

そんな中で「唯一例外」なのが札幌記念だ。

勝ち馬を見てみると、古くはマーベラスサンデー、エアグルーヴ、最近で言えばアーネストリーやトーセンジョーダンといったGI馬の名前がずらりと並び。

今年も皐月賞馬ロゴタイプを始めとして、トーセンジョーダン、ホエールキャプチャ、マルセリーナ、トウケイヘイローといったGI馬や素質馬がそろっている。

是が非でも当てたい“真夏の祭典”。今年は函館競馬場での開催のため、それも考慮に入れて検証を進めていく。

まずは最近の函館競馬の傾向を見ていくことにしよう。そこには「札幌記念で最も重要なファクター」が隠されている。

圧倒的に有利な先行脚質

札幌競馬場の改修に伴い、今年の北海道シリーズは函館競馬場のみで行われている。普通ならこれだけ長い期間、芝コースを使用すれば内が傷んできて、外が伸びて差しが届きそうなところだが、実際にはそうではない。

開催の進んだ函館3回以降の芝レースの脚質別成績を見てみると……

逃げ(10- 4- 3- 15/ 32)
単勝回収値314 複勝回収値146

先行(19- 22- 20- 58/119
単勝回収値104 複勝回収値116

中団(4- 7- 9- 66/ 86)
単勝回収値38 複勝回収値62

後方(1- 1- 2- 58/ 62)
単勝回収値5 複勝回収値9

ご覧のとおり、逃げ・先行が圧倒的な成績を残している。特に逃げの単勝回収値は300を超えている。一方で特に差し馬の成績はさんさんたるもの。

これは推測だが、開催が長いことが事前に分かっていただけに、例年とは違う馬場づくりをしたと考えられる。(開催後半で馬場がボロボロになってしまってはまずいため。いつもより開催が長いのならなおさら。)

その辺りの詳しい事情は分からないが、とにかく逃げ・先行脚質が好成績を残しているというのは紛れもない事実。札幌記念では、「逃げ・先行脚質を狙っていくことが的中への第一歩」ということだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!