(C)masaminh

今週の検証を振り返ろう!

そこには必ず、的中へのヒントが隠されているはずだ。

安田記念で不必要な血統はサンデーサイレンス!?

安田記念でサンデーサイレンス系が不振な理由とは!?

安田記念、過去3年の好走馬9頭中7頭が持っていた実績とは?

安田記念、ロードカナロアとグランプリボスの“危険過ぎる枠順”

本日の東京では1600mのレースが行われたが、連対を果たしたのはいずれもサンデーサイレンス、キングマンボ(ミスプロ)、そしてトニービンの血を持った馬だった

また今日に限らず、今開催はSS×キングマンボ(ミスプロ)の血を持った馬の激走が目立っている。

逆にニジンスキーやサドラーズウェルズといった欧州のノーザンダンサー系の血を引く馬は、穴を開けることができていない。例えば2回3回東京開催で、4番人気以下ながら馬券圏内に激走した馬は19頭いる。しかし、この中で父か母父が欧州のノーザンダンサー系だった馬はわずか2頭だけだった。

SS、ミスプロ、ヴァイスリージェント、ストームキャットといった切れ味やスピードの持続力が持ち味の種牡馬が穴を開けている。現在の馬場を考えると、安田記念でもこの傾向を考慮して馬券を買っていくべきだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!