今年はじめての中央GIフェブラリーS。砂の王者を目指して、精鋭たちが集結する。昨年のジャパンカップダートを制したニホンピロアワーズなど、何頭かの有力馬は回避したが、それでも現在のダート路線の層はそれなりに厚い。

ただ、抜けて強い馬もいないため、馬券的な妙味という意味でも期待できるレースだ。

今週はフェブラリーに集中して検証を行なって行きたいと思う。

まずはローテーションの話をしておこう。

フェブラリーSにおいて、ローテーションは非常に重要な要素である

どのようなローテーションの馬を買うべきなのか。それはずばり、中距離路線を歩んできた馬である。フェブラリーSはスタミナを必要とするレースであるため、長い距離を使ってきた馬たちが有利なレースなのだ。

実際、過去を見ていくと、それは歴然。昨年こそ、根岸Sからの1、2着となったが、その他はほとんどが距離短縮馬が好走していた。

2012年
テスタマッタ
根岸S 1400m

シルクフォーチュン
根岸S 1400m

ワンダーアキュート
東京大賞典 2000m

2011年
トランセンド
JCダート 1800m

フリオーソ
川崎記念 2100m

バーディバーディ
東京大賞典 2000m

2010年
エスポワールシチー
JCダート 1800m

テスタマッタ
川崎記念 2100m

サクセスブロッケン
東京大賞典 2000m

過去3年を振り返っても、9頭中7頭が距離短縮馬だった。ちなみに5年に伸ばしても15頭中12頭が距離短縮短縮馬だったから、この傾向は変わらない。

昨年のような例があるとはいえ、基本的に今年も距離短縮馬を狙っていくべきだろう。(※ちなみに昨年は距離延長馬のテスタマッタ=1着が本命だったが。)

となると、この馬はローテーション的には“危険な人気馬”になるかもしれない。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

無料情報でも本当によく当たるサイトとして評判のサイト

ここは本当に使えます。かなりおススメ。

最近の的中だけでもかなりのもの!

2月10日(日)

【東京8R】

◎三連単94,670円的中

【京都9R】

◎三連単72,330円的中

【東京11R】

◎三連単79,330円的中

【京都12R】

◎三連単209,460円的中

無料コンテンツも多彩で、中でも面白いのが【重症注目のダークホース】

毎週重賞に出走する馬の中から1頭ピックアップしているのだが狙い目はさすがの一言。

次はいよいよG㈵フェブラリーSが開催。必ずチェックしてから馬券購入してもらいたい。

今週の注目馬を今すぐ無料でチェック!

http://k-tactics.jp/

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!