ルーラーシップ、国内GI初制覇へ (C)arima0208

強い馬が勝つのが天皇賞秋。

府中の根幹距離芝2000mで行われる天皇盾を争う戦いは、日本におけるGIの中でも最も「能力通りに決着するレース」と言っても過言ではない。

歴代優勝馬を見ても、ダービー馬スペシャルウィーク、2冠馬メイショウサムソン、“覇王”テイエムオペラオー、名牝エアグルーヴ、ウオッカ、ブエナビスタなど、そうそうたる顔ぶれが揃う。

ただ、ひとつだけ明らかに有利不利を分ける要素があるとすれば、それは枠順になるだろう。

「枠順による明暗」。

それが、今年も大きく出走馬たちの運命を左右しそうだ。




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

外枠勝利はシンボリクリスエスのみ

もはや素人でも知っているようなファクターであるが、だからこそ重要でもある。今一度、過去を振り返ってみよう。

過去9年枠順別成績
1〜7番(4−6−4−42)
7〜14番(4−3−4−52)
15〜18番(1−0−1−29)

少しいびつな分け方になってしまったが、言いたいことは伝わるだろう。内枠、中枠が4頭ずつ勝ち馬を輩出しているのに対して、外枠は1頭のみ。好走率はさんさんたるものだ。

しかも勝った1頭も1番人気のシンボリクリスエス。同馬は前年の天皇賞秋も制しており(※中山開催)、相当能力が抜けていたと言える。

13番が1勝、14番が2勝を上げていることを考えれば、二桁枠順だからというだけで嫌う必要はないが、やはり極端な枠順となると不利なのは明らかだろう

今年も枠順によって馬たちの運命も変わるし、人気もかなり変動してくるだろう。

外枠に入ったカレンブラックヒルは果たして。

 

さて、血統面に触れると、今年もナスルーラやダンジグの血が重要になることは間違いない。

【天皇賞秋】過去5年好走馬14頭が保持した特注血統と危険な人気馬

しかし今年、有力馬の中にこの2つの重要な血統を持っていない馬が存在する。これは大きなマイナスであることは間違いない。その危険な人気馬とは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!