今回はエプソムカップ2016の検証をしていきます。

エプソムカップは東京芝1800mで行われる古馬のGIIIです。過去のデータからレース傾向や血統傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



エプソムカップの狙い目

エプソムカップの歴代好走馬を見ていくと、3つのほど注目すべき血があることが分かります。

ダンスインザダーク産駒の激走

まず注目されるのが、ダンスインザダーク産駒の成績ですね。

過去5年中3年で好走しています。残りの2年は出走馬がいませんでした。さらに好走馬3頭以外にも……

ダノンヨーヨー 5着(9番人気)

ミッキーパンプキン 5着(14番人気)

というように人気薄ながら掲示板を確保している馬がいるんです。つまり、過去5年で5頭出走し、掲示板率100%なんですね。

だから今年もダンスインザダーク産駒を狙えばいいのだが、残念ながら出走登録がない。となると、ニジンスキーの血に注目すべきでしょう。

2012年は母父カーリアン(ニジンスキー系)の2頭で決着。さらに3着の超人気薄マイネルスターリーは母母父がマルゼンスキー(ニジンスキー系)でした。

このように、明らかにニジンスキーの血を持った馬の好走が目立っています。

ダンジグの血

2つ目はダンジグの血です。父、母父に持っている馬こそ、マイネルラクリマのみですが、父母父や母母父など、3代以内にダンジグの血を持っている馬は多い。

東京芝1800mは持続力が求められる舞台であるため、ダンジグの血が合っていると考えられます。

父ノーザンダンサー系

さらにより広い括りで見てみると、父ノーザンダンサー系の期待値が高いですね。

もともと東京の芝コースは近年、父ノーザンダンサー系の期待値が高く、エプソムカップでもマイネルラクリマ、サンレイレーザー、もう少し前だとシルポートも好走しています。いずれも3番人気以下の伏兵でした。

以上のように……

・ニジンスキー
・ダンジグ
・父ノーザンダンサー系

この3つに当てはまる馬は要注意ですね。

なお、今年の出走馬で3つの条件にすべて合致する馬はこの馬です。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!