ヴィクトリアマイルは結果的に短距離血統のストレイトガールとディープインパクト産駒の2頭で決着しました。見立てはね、良かったんですけど。ただ前年の好走馬を本命にしない主義なのと、高速馬場でスピードに難がある高齢馬を本命にするという選択肢がなかったので、仕方ないかなと思っています。

切り替えてオークスへ行きたい。去年は◎ミッキークイーン、◯クルミナルでした。今年も良い予想ができるように頑張りたい。

ということで、今回はオークス2016の検証をしていきます。

オークスは東京2400mで行われる牝馬限定のGIです。過去のデータからレース傾向や血統傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



レース傾向(過去のラップ傾向)

レースの傾向ですが、年によって違いますね。

去年のように前半が超スローで中盤から後半にスピードアップする年もありますし、淡々と流れることもある。決まった傾向というのはそんなにないので、出走メンバーによって判断知ればいいと思います。

血統傾向

大前提として、

・サンデーサイレンスの血は必須
・東京芝2400MのGIに縁のある血
・東京芝2400Mリーディング種牡馬の産駒

この辺りですね。まぁこの辺りは最近の種牡馬に関して大体該当しているので、あえて挙げる点でもないですけどね。

その上で大事なのは何かというと、「マイルGIの血」を意識したいと思っています。

マイル戦のヴィクトリアマイルではスプリントGI馬のストレイトガールが圧勝し、2、3、4着にはマイルの高速決着に強いディープインパクト産駒が入りました。

要するに、この時期の東京は、その距離より短い距離に適正を持つ馬が走っているわけです。

例えば先週のNHKマイルカップの時に「時計が速いとするなら狙うべき血統」として挙げたのは3つです。

・ディープインパクト
・スプリントGIに関わりの深い血統
・米国型ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント、ストームキャット)

これをオークスに置き換えると、2番目に挙げたスプリント血統が、マイル血統に変わる、というところですね。

・ディープインパクト
・マイルGIに関わりの深い血統
・米国型ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント、ストームキャット)

という観点から過去4年で馬券に絡んだ12頭を見てみると、7頭はディープインパクト産駒でした。

さらにルージュバック、アイスフォーリスは母父ヴァイスリージェント系、ヌーヴォレコルトの母父スピニングワールドは欧州のマイルGI5勝馬でした。

上記に該当しなかったのはバウンスシャッセとメイショウマンボくらい。(メイショウマンボに関しては自身がスタミナ血統ながら1400mの重賞を勝つような馬だったので、そういう意味でバランスが取れていたってことですかね。バウンスシャッセにしてもゼンノロブロイ産駒は東京が得意ですから、一応理由付けにはなります)

ということで、上記3つを重要視していきたいと思っています。

メンバー構成

今年は桜花賞馬ジュエラーが戦線から離脱してしまいました。

桜花賞2着のシンハライトが断然の人気になる見込み。フローラSを快勝したチェッキーノが続く感じですね。そこからは混戦模様。忘れな草賞を勝ったロッテンマイヤーとか、桜花賞3着のアットザシーサイドあたりが人気になるでしょうが、ちょっと読めないですね。人気に応じて決めていきたいところ。

この中で注目しているのはこの馬です。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログR内で注目馬を公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!