今回は京都新聞杯2016の検証をしていきます。

前回は京都新聞杯の予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



京都新聞杯の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1スマートオーディン2.1
2ロイカバード4.4
3エルプシャフト4.6
4ブラックスピネル5.5
5ゼンノタヂカラオ9.6
6ユウチェンジ32.7
7マイネルラフレシア51.6
8スワーヴアーサー58.3
9ピースマインド62.0
10カフジプリンス64.5
11オーダードリブン81.9
12アドマイヤビスタ87.8
13ナムラヘイハチロー110.3
14エルリストン199.5
15アグネスフォルテ204.4
16オンザロックス254.3
17シャリオヴァルト417.0
18スズカバーディー490.6
19フォルテミノル631.8
20カルムパシオン672.6
21ダンツエイコウ1191.5

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

スマートオーディン

何度も指摘している通り、典型的な上がり3ハロン特化型ですね。

勝った3レースはいずれも道中12秒台後半〜13秒台で推移し、上がり3ハロンの勝負になっていました。一方、負けた萩Sと共同通信杯は道中ペースが流れた。

要するに道中脚を溜められれば爆発的な末脚を繰り出せるけど、溜められないと普通の馬になる、というイメージですね。

前回の考察で書きましたが、京都新聞杯はペースが比較的流れやすいので、危ない人気馬なんじゃないでしょうか?

ロイカバード

ディープインパクト産駒というだけで無視はできません。当然、評価すべき。

ただし、「2番人気になるほど強いか?」というと……。また、しっかりとレースを見ていれば分かりますが、この馬はとにかく不器用でレースが下手です。コーナーで外を回して直線にかける……そんな競馬しかできない。

今まで10頭前後の頭数のレースにしか出てきていなかったから良かったですが、今回は多頭数の競馬になります。必然的に不利を受ける可能性が高まる。

人気ほどの信頼性は……ないんじゃないでしょうか。

エルプシャフト

こちらもディープインパクト産駒。新馬戦ではそれなりにいい走りをしていました。

が、血統人気しすぎ。さすがにいきなりの重賞で人気になるほど強いとは思いません。基本的に重賞では良血の1戦1勝馬って期待値が低いですし、まぁ買ってもヒモ、というところでしょう。

ブラックスピネル

この馬は素直に評価したいですね。タニノギムレット産駒は2000m以上でこそ。京都新聞杯との相性もよく、今までハギノハイブリッドやクレスコグランドが勝っています。

末脚を使えないので上がり勝負になると厳しいですが、持続力が問われるレースになるなら信頼性は高い。

休み明けなのは気になりますが、上位勢の中では一番堅実なのではないでしょうか?

ゼンノタヂカラオ

相手なりに走る馬なので重賞でもそれなりに走ってくるでしょう。

ただし、キンカメ産駒なので適正は「阪神>京都」。舞台替わりでの上積みはありません。大崩はしないタイプなのでそれなりに走ってくると思いますが、よくて2、3着とか、掲示板の下の方に収まるんじゃないかと。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、現時点で注目している穴馬はこの馬です。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ローテーションがどうか、ではありますが、普通に強い馬なので人気落ちするようなら買いたいですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!