今回は天皇賞春2016の検証をしていきます。

前回はゴールドアクターやシュヴァルグランといった人気馬を取り上げました。今回は2番手グループについて書いていきましょう。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



サウンズオブアース

この馬には本当にお世話になっています。菊花賞、有馬記念で◎を打ち、どちらも2着に来てくれました。この馬でいくら儲けさせてもらったことか(笑)。ちなみに京都新聞杯も本命でした。その時はハギノハイブリッドが抜けましたが。懐かしい。

菊花賞で自信の◎を打ったようにスタミナ面は問題ありません。ネオユニは微妙ですが、母系のスタミナが豊富なのでね。去年はピンク帽なのでノーカウントでOK。となると、評価したいところ。

……なんですが、いくつか気になる点もあるので、どんな扱いにするかはこれから考えます。

フェイムゲーム

去年の天皇賞春の本命馬。この馬も思い出の馬ですね。最大のハイライトは京成杯で◎を打った時でした。会心の予想だったなぁ。

ハーツクライ×リボー×ディクタスというゴリゴリのスタミナ血統なので去年のようなスタミナが問われる流れになれば有力でしょう。一方、立ち回り勝負になるなら辛い。

あとはなんといっても反動が気になりますね。前走は酷量(58.5キロ)&劣悪馬場だったのでダメージがどうか。

トーホウジャッカル

すごく好きな馬。本来なら中距離戦線を引っ張るくらいのポテンシャルを持っている。

ただ、体質が弱いのか、厩舎力が低いせいか分かりませんが、とにかく順調に使えていないので……ね。重い印はちょっと打てないですよね。前走は久々+大幅馬体増の影響もあって見せ場ありませんでしたし。成長分というより調教師が下手という印象しかないですね。

菊花賞では重い印を打ちましたが、母系がスタミナ血統というわけではないのでそんなに適性は合わない。ということで、買ってもヒモ程度ですかね。

何か間違って万全の体制で出てきて本来のポテンシャルを発揮して勝っちゃったりしたら素直に嬉しいので、馬券は潔く諦めようと思います。

評価はこんなところ。

なお、現時点で注目している穴馬はこの馬です。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!