今回は天皇賞春2016の検証をしていきます。

前回は天皇賞春の予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



天皇賞春の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ゴールドアクター2.4
2キタサンブラック3.8
3シュヴァルグラン5.9
4サウンズオブアース7.6
5フェイムゲーム10.0
6トーホウジャッカル13.4
7アルバート18.1
8タンタアレグリア22.9
9トゥインクル43.3
10レーヴミストラル44.6
11アドマイヤデウス62.8
12サトノノブレス96.1
13カレンミロティック190.2
14ファントムライト192.2
15マイネルメダリスト308.7
16ヤマニンボワラクテ319.2
17トーセンレーヴ336.3
18マドリードカフェ348.7
19ファタモルガーナ376.6

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

tennosho_spring2016_blood3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ゴールドアクター

連戦連勝のスクリーンヒーロー産駒。この馬の強みはなんといっても総合力の高さでしょう。

・スタートが上手
・だからいつでも好位をすんなり取れる
・折り合いの心配なし
・立ち回り◯
・終いもまとめられる
・馬場不問

弱点らしい弱点がないですね。ディープインパクトとかキズナみたいなスター性はありませんが、とにかく強い。ピーター・アーツとかミルコ・クロコップみたいな華はないけど、ただただ強いセーム・シュルトみたいな。

母系がキョウワアリシバ×アナードというスタミナとは程遠い血統なのは気になりますが、これだけセンスが高いと距離が持ってしまう。菊花賞のキタサンブラックと同じようなイメージですね。

現状、乱ペースで先行勢が総崩れのような展開にならないかぎり、馬券圏内は堅実に確保してくるのではないでしょうか?

キタサンブラック

地味な馬なので最終的にはもっと人気落ちると思いますが、一応ここで紹介します。この馬もゴールドアクターと同じようなイメージですね。

本質的に3200mは間違いなく長い。ただ、レースセンスの高さが半端ないというか、恵まれる才能を持った馬なので菊花賞や有馬記念のように適正外の距離でもこなしてしまう。

ハッキリ言って、血統的な強調材料は何もないです。菊花賞の時も書きましたが、サクラバクシンオーはまだいいとして母母父がジャッジアンジェルーチなので長い距離は向きません。

だからゴールドシップがまくってスタミナ比べになった去年の天皇賞のような流れになったらスタミナ不足を露呈することになるでしょう。

一方で菊花賞のような流れになったら来てしまうんでしょうね。この辺りの判断が難しいところ。

シュヴァルグラン

前走はコーナーで外をぶん回してラスト200mではほとんど流して完勝でしたから、本格化したと見て間違いないでしょう

ハーツクライ産駒は「阪神>>京都」なので京都替わりはよくありません。ただし、天皇賞春との相性が抜群にいい。ウインバリアシオン、カレンミロティック、フェイムゲームと、毎年のように馬券に絡んでいます。

スタミナがどうこうという母系ではありませんが、ハーツクライ自体のスタミナが半端ないのでそんなに気にしなくてOKでしょう。

この馬はスタミナが活かせる流れになったほうがいいんじゃないでしょうか。立ち回りがうまいわけではないので、キタサンブラックが来るような流れになったらこないんじゃないかと。

あとは普通の考察ですが、一級線の相手と当たってどうか、初の58キロを克服できるか、ここ最近少頭数の競馬ばかりなので多頭数の競馬になった時にどうか(基本は後ろからいく馬なので単純に不利を受けやすくなります)、といったところ。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、現時点で注目している穴馬はこの馬です。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

2、3走前は展開と物理的な不利があった。前走にしても酷量を背負ってあれだけ走れば十分。今年はメンバーが強いため一考の余地があるものの、期待したいところ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!