今回はスプリングステークス2016の回顧を行っていきましょう。

各馬の評価を見直し、レースを振り返ることで次走買えるのか否かが見えてきます!

回顧は「各馬が次走で買えるのか?」という予想のスタートです。しっかり振り返って行きましょう!



各馬の評価は?

戦前の評価は、メルマガで発行している予想ファイルを見ていただければ幸いです。

1着 ◎01 マウントロブソン

地力勝負で1着。血統○。展開○。展開が流れたこと、上がりのかかる馬場など最高の条件が揃った。順調に成長してきているが、条件面がこれ以上揃うことはなかなかない。GIでは切れ負けするタイプなのでよっぽど展開がハマらないと頭はないし、恵まれて2、3着という印象。距離はもう少し伸びてもいい

2着 △04 マイネルハニー

地力勝負で2着。マツリダゴッホ産駒でどうかと思ったが、母父ロベルトと実力によって連対を確保した。もっとも、勝ち切れないのがディープ産駒とマツリダゴッホ産駒の差だな、という感じ。さすがにGIでは力負けするだろうが、GII、GIIIレベルなら主役になれる器。道悪、荒れ馬場も得意。ラジオNIKKEI賞に出てきたら買いたい

3着 ▲10 ロードクエスト

地力勝負で3着。出遅れ。コーナーで距離ロス。1、2着とは通ったコースの差で、補正すると1着に相当する。久々だったが、しっかりと成長してきている。3強との力差はさほどない。

問題はスタートが下手なのと、脚質が差し一辺倒だということ。いくら強い競馬をしても後ろからだとどうしても距離ロスや不利を受けるリスクが高まり、結果として取りこぼしが多くなる。特に皐月賞はフルゲートになるだけに、脚質はネック。マツリダゴッホ産駒は中山が合わないということも含め、「皐月賞<ダービー」と見る。皐月賞でそれなりの競馬をしてくれれば、ダービーで本命を打ってもいい

4着 無08 プランスシャルマン

上位とは距離ロスの差があったものの、補正を入れても4着は変わらず。ジャンポケ産駒はどうしても3歳時に期待値低くなってしまい、狙いづらい。母系を見ても秋になってから力をつけていくタイプ。戦績だけ見ると早熟で伸びしろがないタイプにも見えるが、そんなことはない。もう少し我慢。大事に使って秋以降に狙ってみたい

5着 ×07 ミッキーロケット

出遅れ。血統△。コーナーで距離ロス。上がり最速で追い込んだが届かず。明らかに距離が短い。3歳のキンカメ産駒は2000m以上のほうが期待値が高いし、ここより若葉Sを使ってほしかった。距離延長○。自己条件に来たら確勝級。2000m以上の重賞で見たい

上位馬の評価はこんなところですね。

なお、今回のメンバーの中で次走、好走する可能性が高い馬は、以下になります

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

なお、メルマガ『実践的血統学』では全重賞を含む、全芝レースの回顧(馬別)を行っています。(↓↓サンプル↓↓)

京成杯2

このレースで6着以下だった馬や、重賞以外に出走した馬の評価が気になる方はぜひご購読を。次走の穴馬は6着以下に隠れていることが多いので、チェックしてみてくださいねー!

【メルマガ】『実践的血統学』詳細へ

2017年への教訓

・少頭数の割に中盤が緩みにくいため、実力が結果に反映されやすい

・改修前の傾向は気にしなくてOK。改修後や近走の好走血統を大事に

・シンプルに血統が向いている強い馬を買えばいいレース

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!