もう金曜日ではありますが……(笑)、今回はフィリーズレビュー2016の回顧を行っていきましょう。

各馬の評価を見直し、レースを振り返ることで次走買えるのか否かが見えてきます!

回顧は「各馬が次走で買えるのか?」という予想のスタートです。しっかり振り返って行きましょう!



各馬の評価は?

戦前の評価は、メルマガで発行している予想ファイルを見ていただければ幸いです。

1着 △02 ソルヴェイグ

血統○。展開○。内枠から好位につけてロスなく立ちまわる最高の競馬。川田騎手っぽい押し切り勝ち。鞍上のアシストも大きかった。今回条件がハマったため、さすがに桜花賞では出番がないだろう

2着 ▲09 アットザシーサイド

血統○。実力上位。勝ち馬とは展開、通ったコースの差。実質1着。1400mに特化しているのと、たんぱくで底力がなさそうなので桜花賞では苦戦。そう思われて人気がないならおさえてもいいが、最高に恵まれて掲示板の下の方、というイメージ

3着 ×07 キャンディバローズ

血統○。展開○。メンバーにも恵まれた。桜花賞では苦戦

4着 ◎03 ダイアナヘイロー

スタートを失敗して枠順を活かせず大外をぶん回すという最悪の競馬。ロスした分の距離で実測タイムを計算すると実質1着に相当する。直線の入り口でやや前が詰まって追い出しが遅れたのも痛かった。能力的には重賞でもやれる。キングヘイロー産駒ということで1400~1800mの範囲なら出番あり。マイルなら小回り。マイルより特殊距離のほうがチャンスある

5着 △10 ソーディヴァイン

一瞬夢を見たが5着止まり。キンシャサノキセキ産駒のダート替わりは期待値高いため、この馬にかぎらず注目したい。今回は割りと条件が合ったほう。着順ほどの信頼性はない

上位馬の評価はこんなところですね。

なお、今回のメンバーの中で次走、好走する可能性が高い馬は、以下になります

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

評価→●●●●●●産駒は期待値高く、ここでそこそこやれたことで自己条件での目処もついた。穴馬として注目したい

なお、メルマガ『実践的血統学』では全重賞を含む、全芝レースの回顧(馬別)を行っています。(↓↓サンプル↓↓)

京成杯2

このレースで6着以下だった馬や、重賞以外に出走した馬の評価が気になる方はぜひご購読を。次走の穴馬は6着以下に隠れていることが多いので、チェックしてみてくださいねー!

【メルマガ】『実践的血統学』詳細へ

2017年への教訓

・桜花賞には全くつながらない。1400m巧者を狙うレース

・1400実績を持ち、1600mで善戦してきたタイプを狙うのがベター

・グレイソヴリンの血に注意

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!