今回はファルコンステークス2016の検証をしていきます。

前回はファルコンSの予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



ファルコンSの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1シュウジ2.1
2トウショウドラフタ3.4
3ルグランフリソン8.1
4ブレイブスマッシュ10.4
5シゲルノコギリザメ10.7
6ショウナンライズ13.7
7レッドラウダ18.7
8メイショウシャチ25.6
9マディディ37.0
10バシレウスライオン42.7
11ペイシャフェリシタ51.8
12モンスターキング81.1
13ミスキララ88.9
14ラズールリッキー121.7
15キングハート191.0
16サイモンゼーレ215.6
17オーシャンビュー417.4
18メイスンスパート546.1

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

phalcons2016_blood3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

シュウジ

普通に考えて実力上位ですね。前走は距離の問題が大きかったと思います。阪神外回りのマイルは本格派のコースで距離不安がある馬がごまかせるコースじゃないのでね。しかもGIでしたし。

キンシャサノキセキ産駒なので1400m以下がベターでしょうし、母系を見てもキングマンボ×ロベルトといういかにも道悪に強そうな血統をしている。お兄さんのツルマルレオンも馬場が渋った橘Sを勝っていますから、信頼度はまずまずと言っていいのではないでしょうか。

トウショウドラフタ

前走は休み明けながら快勝。メンバーレベルは高かったので、価値は高い。

1400mで4戦3勝、唯一の負けは京王杯2歳Sでしたが、上がり33秒3を使っても届かないようなレースだったので適性というより展開で負けた感じ。そう考えるとこの条件では底を見せていませんから無視するわけにはいかないですね。血統的にも道悪に強そうですし。

ルグランフリソン

この馬も1400m巧者っぽいですね。ミスプロ系なので一瞬の切れ味が求められるマイル以上になると厳しい。前走も評価できる内容でした。

また、ミスプロ系は良馬場より馬場が渋ったほうがパフォーマンスが上がるので、雨予報は歓迎といったところ。

ブレイブスマッシュ

重賞ウィナーですが、ここ2戦は惨敗。ただ2戦とも2000mだったので度外視していいと思います。

もっとも、血統的にはトーセンファントム産駒ということで枯れている可能性もゼロではない。成長力がイマイチなタイプが多いので、2歳時からの上積みがあるかどうかというと微妙でしょうね。人気になるなら……と考えてしまう1頭。

シゲルノコギリザメ

父のスーパーホーネットはGIを除けば道悪で(3−0−1−0)とパーフェクト馬券圏内、しかもこの4走はすべてOP以上。母父のタイキブリザードは道悪の宝塚記念で2着、同じく渋った馬場の産経大阪杯で1着。馬場が渋るのはプラスでしょうね。

前走は言い訳できる負けでしたし、距離が短くなるのはもちろんプラス。ということで、それなりに評価したほうが良さそう。

上位人気の評価はこんなところ。今年は意外と上位人気馬の適性が低くないですね。

なお、穴馬として面白そうなのはこの馬です。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!