今回はクイーンカップ2016の検証をしていきます。

前回はきさらぎ賞の予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



クイーンカップの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1メジャーエンブレム1.7
2ルフォール6.6
3ビービーバーレル6.9
4サプルマインド7.1
5ペルソナリテ12.6
6ダイワドレッサー17.5
7ロッテンマイヤー19.4
8ラブリーアモン34.0
9ストライクショット42.7
10エクラミレネール52.6
11コパノマリーン65.5
12フロンテアクイーン94.0
13マシェリガール103.1
14シャララ152.7
15ナックビーナス276.1
16シトロン317.4
17ファイアクリスタル317.4
18クリーンファンキー359.9
19ソロフライト629.9

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

Queencup2016_blood3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

メジャーエンブレム

阪神JFでは圧倒的なパフォーマンスを示してGI初勝利を飾りました。

アルテミスSのパフォーマンスも含めて力があることを示してきていますから、実力上位であることに疑いの余地はないでしょう。まぁトライアルなのでびっしり作ってこないでしょうし、そういう意味で走らない可能性はゼロではないと思います。

ただ後ろからいって周りに影響される差し馬と違って、この馬は自分でレースを作れる。周りにマークされるにしても、大崩れはしないのではないでしょうか?

前々で競馬を運べるダイワメジャー産駒は期待値が高いですし、道悪も問題ない。となると、馬券圏内から消える可能性は低いでしょうね。

ただし、単勝1.5倍になるほど勝ち切る可能性が高いかというと、そこまでじゃないかな、と。

ルフォール

ベルーフの半妹という良血馬。お父さんがキングカメハメハになっている分、クラシック向き、東京向きでしょうね。

1戦1勝、未知の魅力で人気する良血馬ということで普通なら嫌いたい。新馬戦のレベルはかなり微妙ですし、血統以外に評価するところがない印象です。今のところね。

ただし、キンカメ産駒の1戦1勝馬は重賞で格負けしないんですよね。リオンディーズをはじめ、エアスピネル、ミュゼスルタン、コディーノなどなど、1戦1勝ながら重賞を勝った馬は実に6頭もいます。

キンカメ産駒の好走条件で考えても休み明けはプラスですし、昇級戦を苦にしない。これで内枠に入った日には……。外枠に入ってくれれば嫌う理由ができるんですが、そうでもしない限り扱いづらい馬になりそうです。

ビービーバーレル

前走は内枠とロベルト馬場、そして田中勝春騎手のアシスト(外から伸びてくる馬を一掃)があって重賞勝ちを果たしました。

要するにかなり恵まれた内容だったということですね。東京マイルの力比べでは足りない、という印象が拭えません。

まぁみんな多かれ少なかれ同じような考えを持っていると思うので人気もそれほど出ないでしょうが、それでも買い材料に乏しいですかね。

サプルマインド

新馬戦の内容は秀逸でした。新潟とはいえ、上がり32秒5は普通じゃありません。このレースで2、3着だったコルコバードとサバイバルポケットも普通に強い馬なので、彼女たちに勝ったということは重賞で勝負できる才能があると考えていいでしょう。

今回は重賞初挑戦、デムーロ騎手に乗り替わりと、ディープ産駒の好走条件にも合致しています。普通に考えて買い材料ばかりですよね。

……

……

ので、人気になると思うんですよねぇ。4番人気なら普通に買いたいですが、ビービーバーレルより人気しないっていうのは考えづらいので、普通に考えて2、3番人気と考えるのが妥当。そうなると、扱いに困るというのが正直なところです。

例えば馬格がない馬なので基本的な部分で期待値が低い。また、500万で3着みたいな微妙な戦績の馬より、未勝利勝ちして伸びしろを見せた馬のほうが期待値が高い。

前述のとおり買い材料はたくさんあるので評価しなければいけないですが、人気によって印を変えざるを得ないという感じ。

ペルソナリテ

阪神JFで対抗に指名したように、力はあると思います。ステイゴールド産駒の牝馬は基本的な期待値が低いものの、重賞に出てくるような馬だと好勝負になる。

これはステイゴールドが「当たり外れの大きい種牡馬」だから起きる現象といえるでしょう。

ステゴ産駒はアベレージがあまり高くない。牡馬でも走らない馬は走らない。だけど当たるとGIを4つも5つも勝つ。牝馬は牡馬より期待値が低いのでGIでは勝負にならないケースがほとんどですが、GIIIクラスなら勝ち負けになる、というイメージでいいと思います。

この馬も重賞でそれなりに走ってきていますし、ここでも勝負になっておかしくない。道悪になればなお良し。

ただ馬格がめちゃくちゃ小さい馬なので、個人的な好みとしては重い印を打ちたくないかぁと感じています。(といって前走対抗でしたが)

上位人気の評価はこんなところ。

なお、穴馬として面白そうなのはこの馬でしょう。

その馬の名(I)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

正直、前走は条件がそろっていたんですが、今回も悪くない。人気もなさそうなので、狙ってみても面白いかと思います。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!