今回は2015年のシリウスステークスの検証していきましょう。

本日から10月になりました。

おかげさまでメルマガは1000号を突破! 皆さまに支持いただき、感謝感謝です。

メルマガでは色々な企画をやっていて、昨日はキングカメハメハの徹底解剖を行いました。種牡馬分析は毎週行っていきますので(今加入すればキンカメの分析も購読可能です♪)、お楽しみに。

入会特典には『実践的種牡馬事典2015(主要10頭)』をプレゼント中。さらに継続特典として……

・実践的種牡馬辞典〜芝重賞分析編〜
・回収率アップへの心得ファイル

この2つをご用意しています。充実の内容でお届けしていくので、興味があれば登録してみてください。競馬と向き合い、競馬への理解を深めていける内容になっていると思います。



シリウスSの黄金配合

まずは前回の復習をしましょう。

・日本のダート馬は2000m(長距離)を走ることを想定されて作られていない

・阪神ダート2000mは芝血統馬が走る条件が揃っている

・シリウスSではスタミナが優れた芝血統馬が活躍する

というような考察をしました。

で、強調できる血はなんなのか? というところを見ていきましょう。

一つはスタミナのあるサンデーサイレンス系ですね。

・現役時代に2200m以上の重賞を勝利した種牡馬

フジキセキやアグネスタキオンといったスタミナに不安のある種牡馬を除外すると、(1−2−4−6)で複勝率54%、複勝回収値173という素晴らしい成績を叩き出しています。

特にダンスインザダークは(0−1−1−0)、マンハッタンカフェは(0−0−2−1)と、3000m以上のGI勝ち馬の産駒は優秀な成績を残しています。

今回の出走馬でいうと……

トウシンイーグル(父ハーツクライ)
ナムラビクター(父ゼンノロブロイ)

もう一つ。

母父がサンデーサイレンス系でも強調できます。特に父ミスプロ系(キングマンボ系含む)×母父サンデーサイレンスの配合馬の成績は(2−2−1−0)と複勝率100%!

こちらも警戒が必要ですね。

今回の出走馬で該当するのはただ1頭のみ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

母系の距離適性が短いのはやや気になりますが、芝要素満載の血統ですし、評価していい1頭ですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!