今回は2015年のオールカマーの検証していきましょう。

先週の予想で唯一誇れるものがあるとすれば、「内有利にシフトする」というのが当たったことくらいでした。

ということで今週も馬場考察、してみたいと思います。



今開催の中山の馬場状態

今開催の中山は以下のように推移してきています。

開幕週:フラットな馬場。かつての中山にありがちな内、先行有利な馬場とは明らかに違う(路盤改修とエアレーションなど馬場づくりの変化に伴う影響)

2週目(先週):フラット→やや内有利。土曜日の段階ではフラットでしたが、日曜日はやや内有利にシフト。ペースも相まって、セントライト記念や最終は前が残る

という感じですね。

セントライト記念や最終レースは前半のペースがかなり遅かったことも影響したので、極端な内有利と決めつけるのは良くありません。ただ、やや内有利にシフトしてきたのは事実でしょう。

じゃあ3週目の今週、どんな馬場になるかというと……

差し馬場(少なくともフラット)にシフトするのでは?

と予想します。

開幕週に柔らかかった馬場が踏み固められて内有利にシフト、という流れできてると思うんですよ。で、普通はより内有利になると思うんですが、おそらくそう単純な話にはならない気がします。

まず先週は3日間開催だったので、特に月曜日は特殊なシチュエーションだったと覚えておきたいですね。以下、先週の考察より抜粋。

今週は3日間開催です。通常よりレースの回数が多い。月曜日は事実上、3週目の土曜日です。しかも中間に行われるような馬場のメンテナンスができませんから、踏む固められていくと内有利に……という現象が発生する可能性がなくはないんじゃないかなーと想定しています。

とまぁこういう状況だったわけです。今週は中間に整備が入りますし、日程もあいていますからある程度馬場が緩むんじゃないかな、と。

さらに金曜日から土曜日にかけて雨の予報が出ています。仮に馬場が渋る+渋った中で競馬が行われて馬場が掘り返されるのであれば、内が荒れるので内有利にシフトするとは限りません。むしろ、フラット〜差し馬場になる可能性もあるかな、と。

しかも大衆心理を考えても差し馬を狙うのが得策ではないかと考えます。特にオールカマーに関しては。

セントライト記念の前残りが強烈だったので、今週はみんな否が応でも「内」、「先行馬」を意識することでしょう。となると、差し馬に妙味が出てくる可能性はあります。(もちろん差し馬場にシフトしないと妙味があっても馬券に絡まないので意味ありませんが。あくまでもフラットな馬場になったと仮定した時の話なので、ご注意を)

しかもセントライト記念にはマイネルミラノが出てきます。マイネルミラノが出るレースが緩むことはほぼありません。メイショウカドマツなど他にも行きたい馬がいますしね。

フラットな馬場+ペースが早くなる+もともと差し馬に分がある中山芝2200m

となると、中団くらいで脚を溜められる馬が一番狙いやすいんじゃないかな、と感じます。

そういう意味でも土曜日にどんな馬場状態になっているのか、注目ですね。普通に内有利にシフトするなら、この仮説は意味ありませんから。

もしフラット気味の馬場になるなら、差し馬狙いは面白いと思いますよ?

となると、昨日から挙げている注目馬はもちろんのこと、この馬も面白いと感じます。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

先行することも多い馬ですが、このメンバーなら中団くらいからの競馬になるはず。そうなるとアメリカジョッキークラブカップの時のように差してくる競馬ができるでしょう。AJCCは前残りでしたが、今回はむしろあの時の競馬をしたほうが良さそう。台頭してくる可能性は十分にあると見ます。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!