今週は東京芝2400mで行われる東京優駿・日本ダービーを徹底的に検証してきた。

今一度、検証を振り返り、予想の参考にしよう!

日本ダービー2015│出走予定馬と予想オッズを考察
日本ダービー2015予想考察1│皐月賞馬ドゥラメンテは信頼できるのか?
日本ダービー2015予想考察2│リアルスティールの不安要素!2強決着はない?
日本ダービー2015予想考察3│レーヴミストラルの単勝期待値を探る
日本ダービー2015予想考察4│キタサンブラックが該当するマイナスファクターって?
日本ダービー2015予想考察5│枠順と出走馬が確定!好枠を引いたのは?
日本ダービー2015予想考察6│過剰人気必至のサトノラーゼンの欠陥

また日本ダービーの徹底検証はメルマガで行っている。

詳細はこちらへ→JINの勝ち組育成メルマガ

なお、想定人気は以下のとおり。

1番人気 ドゥラメンテ
2番人気 リアルスティール
3番人気 サトノクラウン
4番人気 レーヴミストラル
5番人気 サトノラーゼン

この中で最も嫌いたいと感じているのはこの馬だ。

その馬の名(I)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

上位人気馬は強調材料と不安要素が混在していてなかなか難しいレースとなった。

そんな中、一番嫌うべきなのはこの馬だろう

特に単勝の期待値は低い。競走馬の3歳春といえば、人間で言うと10代後半やハタチそこそこといったところだ。体ができあがっていないため、過酷なレースを経験したあとは反動が出やすい。

そもそもダービーが芝2400mで行われるようになった理由を御存知だろうか?

3歳春という体ができていない時点で芝2400mという過酷なレースを勝ちきれる能力と完成度の高い馬が種牡馬になるべきであり、そういう馬を見極める馬のレース」といった側面がある。

2400mというのはそれほど過酷な距離なのだ。

●●●●●●からダービー馬が出ていないのは、この苛酷さが最大の理由である。その不利を克服するだけの力がこの馬にあるのか、疑問でならない。

その他にもいくつかのファクターに該当しているため、印を打つ可能性は低い。少なくとも単勝の期待値はかなり低いはずだ。

最終結論はメルマガと競馬予想グランプリで配信予定。乞うご期待!

JINの勝ち組育成メルマガ

血統やデータ、人間の思惑に至るまで多角的な分析で競馬の真相に迫る

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!