今回は毎日杯の血統検証を行っていこう。

皐月賞への最終便に乗り、クラシック路線へ殴りこみをかけるのはどの馬になるのだろうか?

歴代好走馬の血統から、激走馬のヒントを見つけ出していこう。

毎日杯│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
マイネルフロスト5ブラックタイドグラスワンダー
$エイシンブルズアイ3BelgraviaSiphon
ステファノス4ディープインパクトクロフネ
キズナ1ディープインパクトStorm Cat
ガイヤースヴェルト6ダイワメジャーフレンチデピュティ
バッドボーイ3マンハッタンカフェMiswaki
ヒストリカル1ディープインパクトノーザンテースト
マウントシャスタ3ディープインパクトフレンチデピュティ
スピルバーグ7ディープインパクトLycius
レッドデイヴィス2アグネスタキオントニービン
コティリオン4ディープインパクトトニービン
トーセンレーヴ1ディープインパクトCaerleon
ダノンシャンティ3フジキセキMark of Esteem
ミッキードリーム5キングカメハメハサンデーサイレンス
リルダヴァル2アグネスタキオンThunder Gulch

集計期間:2005. 3.26 ~ 2014. 3.29

前回の検証で、阪神芝外回り1800mは「真の実力が問われる舞台」と書いた。

 

高い能力を持つ馬だけが攻略できる。よって、血統的にも「能力の裏付け」があるほうが好ましい。

そう考えた上で毎日杯のポイントを挙げるとすれば「チャンピオンサイアー産駒の戦い」である。

種牡馬リーディング上位にいるということは、能力の高い産駒が多いということだ。彼らのような、「トップ・オブ・ザ・トップ」の産駒は高い能力を秘めているケースが多い。そういう馬を買うのが、毎日杯のセオリーなのだ。

事実、現在ディープインパクト産駒が3連覇中(※ブラックタイドはディープインパクトの全兄弟)。過去4年で馬券になった12頭のうち、実に8頭がディープインパクト産駒(うち1頭ブラックタイド産駒)だ。

4年前の勝ち馬レッドデイヴィスの父アグネスタキオンはディープインパクト登場以前のサンデーサイレンスの後傾種牡馬の筆頭株だった。

フジキセキにしても長らくリーディング上位にいるし、キングカメハメハはディープインパクト登場以前は“無双状態”だった。

とにかくこういった「THE 王道血統」、「THE 良血馬」を狙っていくことで、的中へと近づいていく。

ただ1点だけ注意したいのは、先週は非サンデー系が台頭するような馬場だったこと。もしメインレース前の芝レースでそういう血統の馬が台頭するようなら、毎日杯でどのような馬を狙っていいか分からなくなる。

そういう時は無理をせずに、勝負を控えるべきだろう。

ではどの馬を狙っていけばいいかというと、面白いのはこの馬だ。

その馬の名(H)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父は王道中の王道。母は米国のダートGI馬。超良血というわけではないが、全兄弟もGIを勝っている(しかも2頭)ため、ポテンシャルの高さに疑いの余地はない。特に前前走のパフォーマンスが高かった。中2週というローテーションがどうかだが、走ってもおかしくない背景はある。