今回は中山牝馬ステークスの出走予定・登録馬を見ていこう。

中山芝1800mという特殊な舞台で行われる牝馬限定のハンデ重賞――。

波乱の要素が満載で、荒れないほうがおかしいレースといえる。どんなメンバーが集っているのか? まずは出走メンバーを確認していこう。

2015年 3月15日(日) 2回中山6日目 17頭 [仮想出馬表]
【11R】  第33回ローレル競馬場賞中山牝馬S
4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(牝)(国際)[指定] 芝1800m (A)

馬名性齢斤量
アイスフォーリス牝6 54ステイゴールド
ウイングドウィール牝6 52シンボリクリスエス
エバーブロッサム牝5 54ディープインパクト
オメガハートロック牝4 53ネオユニヴァース
グレイスフラワー牝6 52ダイワメジャー
ケイアイエレガント牝6 56キングカメハメハ
ケイティバローズ牝5 51マンハッタンカフェ
サクラプレジール牝5 52サクラプレジデント
シャトーブランシュ牝5 53キングヘイロー
スイートサルサ牝5 54デュランダル
ソーミラキュラス牝5 54フジキセキ
バウンスシャッセ牝4 54ゼンノロブロイ
パワースポット牝7 53スズカマンボ
フレイムコード牝6 50タヤスツヨシ
ブランネージュ牝4 54シンボリクリスエス
マイネグレヴィル牝4 52ブライアンズタイム
ミナレット牝5 53スズカマンボ

勢力図を予想

中心になるのはケイアイエレガントだろう。前走、京都牝馬ステークスを制し、昨年の中山牝馬Sでは2着になっている。ヴィクトリアマイルで6着になるなど、GIでも力を示している。

能力と舞台適性はありそうだ。前走、56キロを克服していることも大きい。当然、有力になるだろう。

中山金杯で牡馬相手に5着と好走したアイスフォーリスも人気の一角だ。ただこの馬、前走こそ走ったものの、中山では人気を裏切る傾向にある。14回走って(0−3−0−11)。一方、東京では3勝、オークスで3着と、明らかに東京での信頼性が高い。中山では信頼しすぎないほうがいいだろう。

愛知杯3着のスイートサルサも有力だ。しかし、この馬も中山ではどうか? キャリア15戦中14戦が東京、新潟、中京と、直線が長いコースしか経験していない。中山ではフェアリーステークスで5着止まり。適正はどうだろうか?

あとは昨年のクラシック路線で活躍したバウンスシャッセブランネージュ、愛知杯4着のシャトーブランシュあたりも有力だろう。

なお、現時点での本命候補はこの馬だ。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

現在の馬場にあっていて、中山牝馬Sの好走血統にも合致。中山での好走歴もあり、人気もなさそう。となると、狙ってみたくなる。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!