本日の激走の可能性が高い馬、通称“ゲキ馬”は中山12Rから。

その馬の名(ゲキ馬)は↓↓(ランキング内で『ゲキ馬→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

中山はタフな馬場状態にあり、スタミナ血統やパワーのある血が強調できる。スタミナのあるこの馬なら現在の中山で走れるはず。

阪神11R チャレンジカップ

チャレンジカップの検証、未読の方はこちらから御覧ください。

↓↓↓

チャレンジカップ2014予想│検証まとめと嫌いたい人気馬

上記の検証を頭に入れた上で、アズマシャトルを推奨したい。

チャレンジカップのポイントは2つ。

・非クラシック血統の台頭
・差し馬の期待値が高い

また、エイシンヒカリやウインフルブルームがいることを考えると、スローで流れる展開は考えにくい。差し馬の出番があるはずだ。

アズマシャトルはゼンノロブロイ×マルゼンスキーという血統。

ゼンノロブロイ自身がダービー2着、菊花賞4着だったことで分かるように、“THE クラシック血統”のディープインパクトらに比べるとクラシック適性は落ちる。

言い換えればクラシック寄りのサンデー系より、チャレンジカップに適正がある可能性が高いということだ。

しかも母系はマルゼンスキー。現在の阪神で求められるタフさを持った血だ。

存在が地味なためか、走っても走ってもそれほど人気にならない点も魅力。京都から阪神に変わる点もプラスに働くはずだ。

メンバーは一気に強化されてGIIのような構成をしているが、もともとラジオNIKKEI杯2歳ステークスでワンアンドオンリーの2着になり、サトノアラジンに先着したような馬だ。(当然、早熟血統ではないため、あの時点であそこまでのパフォーマンスを披露できるという時点で能力の高さは折り紙つき。)力は見劣りしない。

妙味という点ではメンバー内で最もある。対抗の印を打ちたい。

なお、より適正の高い馬に本命の印を打った。予想の全容はメルマガと競馬予想グランプリにて配信。

JINの勝ち組育成メルマガ

血統やデータ、人間の思惑に至るまで多角的な分析で競馬の真相に迫る

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!