今回は神戸新聞杯の血統検証を行っていく。

まずは阪神芝2400mにおける、出走馬の父の成績から見ていこう。

神戸新聞杯1

特注血統その1

表をひと目見ていただければお分かりだろう。

当コースでは、なんといってもハーツクライ産駒が驚異的な成績を残している。

◆ハーツクライ産駒成績
集計期間:2009. 2.28 ~ 2014. 4.13
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
3- 7- 4-10/24 12.5% 58.3% 143 204
——————————————–
※精度を高めるために、独自の方法で集計しています

ご覧のとおり、複勝率は60%近い数字をたたき出し、複勝回収値は200を超えている。

神戸新聞杯では昨年、マジェスティハーツが7番人気2着と激走。2011年にはウインバリアシオンが2着となっている。

今年はワンアンドオンリーとクリノダイコクテンが登録。特にワンアンドオンリーにとっては、好ましいデータだといえる。

ただ、ハーツクライ産駒らしく、1番人気は(0−0−2−0)、2番人気は(0−2−0−0)と、人気馬は1勝もしていない

1番人気確実なワンアンドオンリーは好走の可能性は高いが、勝ちきるまではどうか、といったところだ。

特注血統その2

もう1頭注目したい種牡馬が、ステイゴールドだ。

◆ステイゴールド産駒成績
集計期間:2009. 2.28 ~ 2014. 4.13
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
4- 3- 7-16/30 13.3% 46.7% 103 130
——————————————–
※精度を高めるために、独自の方法で集計しています

ハーツクライの成績には及ばないが、こちらも優れた数字を残している。

となると、この馬には注意が必要だろう。

その馬の名(C)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

夏の上がり馬。前走がハイレベルというわけではなかったが、血統的には合うだけに注目しておいたほうが良さそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!