2014年の流行りは?

前回は安田記念が道悪で開催された場合に台頭してくる可能性がある血統に関して考察した。

道悪という特殊な環境でどんな血統の馬が台頭してくるか、分かったと思う。

今回はさらに血統面を深く探り、安田記念の好走馬を紐解いていこう

東京GIのトレンド

今年、東京では4つの芝GIが行われた。

NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、オークス、そして日本ダービーだ。

実はこの4つのレース、距離や条件は全く違うが、好走馬はある共通の血を持っていた

その血とは……

ダンジグ

である。ダンジグは持続力血統の代表格として知られている。加えて底力があり、距離の融通がきく。

例えばダンジグ系のチーフベアハートはスプリントGIと3000Mを超えるGIの両方で連対馬を出した。またデインヒルが短距離路線を席巻する一方で、シーザスターズが凱旋門賞を勝っている。

持続力が持ち味でスタミナもある。

この特徴が、府中のGIで要求される要素とピタリと一致しているのだ。

NHKマイルカップ
1着 ミッキーアイル
母父ロックオブジブラルタル(ダンジグ系)

ヴィクトリアマイル
2着 メイショウマンボ
母父母父ダンジグ

3着 ストレイトガール
母母父デインヒル(ダンジグ系)

オークス
1着 ヌーヴォレコルト
母母父チーフズクラウン(ダンジグ系)

ダービー
1着 ワンアンドオンリー
母母父ダンジグ

3着 マイネルフロスト
母母父Dayjur(ダンジグ系)
※ダンジグの4+4

ご覧のとおりだ。4レース中3レースの勝ち馬がダンジグを持っていたし、人気馬だけでなくマイネルフロストやストレイトガールといった人気薄馬もダンジグの血を持っていた。

安田記念においても、ダンジグの血が鍵を握ってくるかもしれない。

つまり、ダンジグの血を色濃く持つこの馬は、警戒しておかないといけない

その馬の名(G)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は差し比べて敗れたもののポテンシャルは高い。重馬場の中で勝った経験もあり、ここでも侮れない。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!