好走血統を探る!

前回は安田記念のレース質に関して検証した。

安田記念はスタートからラップが緩まないのが特徴で、脚をためることができないだから、そういった特殊なレース質に対応できる馬を買うべきだということがわかった。

今回は血統的な特徴に関して見ていこう。

安田記念の好走血統

安田記念はペースが緩まないため、脚をためることができない。よって、瞬発力よりも持続力や底力といった要素が重要になってくる。

瞬発力が求められないとなると、瞬発力を武器とする馬たちにとって厳しいレースということができる。つまり……

サンデーサイレンス系にとって鬼門となるレース

それが安田記念なのだ。

過去の好走馬たちの血統を見てみると、そのことが明確にわかる。例えば歴代勝ち馬の父を見てみよう。

2013年
ロードカナロア
父キングカメハメハ

2012年
ストロングリターン
父シンボリクリスエス

2011年
リアルインパクト
父ディープインパクト

2010年
ショウワモダン
父エアジハード

2009年
ウオッカ
父タニノギムレット

ご覧のとおり、父サンデーサイレンス系の馬は1頭しか勝っていない。しかもリアルインパクトはディープインパクト産駒にしては瞬発力がない馬で、持続力や先行力で好走するタイプの馬だ。

勝ち馬だけではない。過去15年の好走馬のうち11頭が父非サンデーサイレンス系だった。

まとめると、瞬発力を活かす競馬で台頭してきた馬にはマイナス評価を与えざるをえない。

特にサンデーサイレンス系は安田記念のペースに戸惑う可能性が高い。

今年、出走馬はほとんどがサンデーサイレンス系だけに、どの馬がラップに対応できるのかをしっかりと判断していく必要がありそうだ。

なお、今回は血統面を評価できる1頭を挙げておこう。

その馬の名(C)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!