(C)キャロット

前回の検証では阪神JFの「勝ち馬の共通点」について分析した。

今回は圧倒的1番人気が予想されるハープスターについて触れておこう。

この馬の取捨選択が、今回のレースの最大のポイントだと私は考えている。

圧巻のパフォーマンスと喉に引っかかった骨

なんといっても前走の新潟2歳Sは圧巻の走りだった。

道中最後方を追走しながら直線で弾けると、前にいた17頭を置き去りにして1着でゴール板を駆け抜けた。

上がり3ハロンは驚愕の32.5秒。特にラスト2ハロン目のラップは10.9秒となっている。

上がり2位だったウインフェニックスが33.3秒で、ラスト3ハロンだけで0.8秒差もつけているのだから驚きとしか言いようがない。

しかも負かした相手がまた強者揃い。

2着 イスラボニータ
→次走東スポ杯2歳Sを制覇

3着 ピークトラム
→次走デイリー杯2歳Sで3着

4着 ウインフェニックス
→次走いちょうSで2着

5着 マーブルカテドラル
→次走アルテミスSを制覇

ご覧のとおり、この時点で屈指のメンバーが出そろったレースを圧勝しているのだ。

阪神JFで1番人気に評価されても納得だろう。

正直、ぱっと見あまりケチの付け所がない馬ではある。

ただ、深くレースを考察していけば、ハープスターの“本質”が見えてくる

あえて言おう。

ハープスターには「●●●●」がある。

申し訳ないことにここでは書けないが(メルマガで配信予定)、現時点でのハープスターの評価について書いておこう。

ハープスターの評価とは→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!