(C)kyonki

今週は阪神ジュベナイルフィリーズの徹底検証を行う。

前回はこの2歳GIの「舞台設定」について説明した。

今回は阪神JFを語る上で欠かすことのできない“思惑”について書いていこう。

阪神JFの根幹にある概念

阪神JFを予想していく上で欠かすことのできない視点がある。

それは

2歳GIは誰のためにあるのか?

ということ。これを考えていくと、「一つの答え」にたどり着く。

それは、予想をする上で大きな助けとなる重要なファクターだ。

例えばいくつかの考え方を示しておこう。

2歳GIは2歳の王者を決めるレースとして必要な番組であることは間違いない。

阪神JFの場合は、それこそクラシックに直結するレースだし、来年へ向けて重要なレースという位置づけもうなずける。

ファンにとっても、頂点を目指すレベルの高い馬が集まるレースというのは胸が踊ることだろう。

ただ、阪神JFの“肝”は別のところにある。

歴代の勝ち馬を見ていくと、それは明白になる。

ローブティサージュ
ジョワドヴィーヴル
レーヴディソール
アパパネ
ブエナビスタ
トールポピー

近6年の勝ち馬には“ある共通点”が存在した。その共通点こそ、2歳重賞の存在意義と重要性を示す重要なメッセージだ。

阪神JFを考察する上で欠かすことのできない、勝ち馬たちの“共通点”とは? それはメルマガで書くとして、ここでは「2歳GIは誰のためにあるのか?」に対する答えを記しておこう。

その答えとは→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

このことが分かれば、阪神JFで重要になることも自ずと見えてくる。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!