(C)arima0208

前回はセントライト記念で求められる「必須要素」について触れた。

今回はセントライト記念で強調できる「血統」について考察していく。

セントライト記念が行われる中山芝2200mの好走血統を挙げるとすれば、それは2つ。

ノーザンテースト」と「ボールドルーラー」だ。

まずはノーザンテーストについて。中山の重賞になると必ずといっていいほど絡んでくるノーザンテーストは、特に芝2200mでの活躍が顕著。過去3年の成績はというと……

ノーザンテースト系
(4−5−1−5)
勝率27% 複勝率60%
単勝回収値127
複勝回収値103

上記のように脅威の好走率を誇っている。ノーザンテーストは「小回り適性」が高く、コースを1周(コーナー4回)する芝2200mではその力が存分に発揮されるわけだ。

そしてもう一つ強調できるのが、ボールドルーラーの血。この血を持つ代表的な活躍馬といえばマツリダゴッホ

有馬記念、オールカマー3連覇、AJCC、そして日経賞と、中山重賞驚異の6勝。中山マイスターとして知られるマツリダゴッホを支えたのが、母父に通うボールドルーラーの血だ。

持続的な脚を使うことができるボールドルーラーの血が、中山という舞台には合っている。

ノーザンテーストとボールドルーラー。中山芝2200mにおいては確実に抑えておきたい血だ。

さて、ではセントライト記念において強調できる馬はどれか。私は、ノーザンテーストの血を色濃く持つこの馬に注目している。きっと、面白い穴馬となるはずだ。

その馬の名は→(現在15位前後)

明日も引き続き、セントライト記念で強調できる血統について考えていく。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!