(C)arima0208

前回は「新潟記念のラップ」に関して記した。今回は「血統面」について見ていくことにしよう。

新潟記念での注目血統はいくつか存在するが、中でも「グレイソヴリン」と「ニジンスキー」は抑えておくべき種牡馬だろう。

直線の長い新潟の芝2000mでは、瞬発力ではなくスピードの持続力が重要になる。となるとナスルーラ系、特にグレイソヴリンの血が強調できる。

また、開催が進んで荒れてきた馬場、タフなコンディションにある馬場を攻略するためにはスタミナとパワーを持ったニジンスキーの血がベストというわけだ。

実際、多くの歴代好走馬たちはこれらの血を持っていた。

2012年
2着 タッチミーノット(9番人気)
父母父ニジンスキー

3着 アスカクリチャン(8番人気)
母母父ニジンスキー系マルゼンスキー

2011年
1着 ナリタクリスタル(5番人気)
父母父ニジンスキー

2着 サンライズベガ(9番人気)
父母父グレイソヴリン系トニービン

3着 セイクリッドバレー(3番人気)
父母父グレイソヴリン系クリスタルパレス

2010年
1着 ナリタクリスタル(5番人気)
前述

2着 トウショウシロッコ(10番人気)
父母父グレイソヴリン系トニービン

3着 サンライズベガ(4番人気)
前述

ご覧のとおり、昨年はグレイソヴリンが不発だったとはいえ、ほとんどの馬がグレイソヴリンかニジンスキーの血を持っていた。ちなみにニジンスキーを持った馬は5年連続で連対中。

今年も「グレイソヴリン」と「ニジンスキー」の血を持つ馬から目が離せない。

ということで「注目の穴馬」はこの馬!→(現在15位前後)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!