撮影:阪神サラブレッドクラブ

夏の風物詩としておなじみになった新潟直線重賞アイビスサマーダッシュ。

個人的には最近でいうと、3年前に8番人気のケイティラブを本命にして的中したレースだ。

新潟直線は適性の有無がとても重要で、適性さえあれば人気薄だろうとも好走できる可能性はある

ということでまずはレースラップを見て、求められる適性をつかむことから始めよう。1000mという超短距離戦だけに、スピードが重要だと思われがちだが、実際にはそうではないのだ。

2012年
11.6-9.9-10.6-10.2-11.9

2011年
11.8-10.0-10.5-10.0-11.5

2010年
11.6-9.9-10.3-10.1-12.0

2009年
11.9-10.2-11.0-10.3-12.8

2008年
11.8-9.9-10.4-10.5-11.6

ご覧のとおり、2ハロン目から急激に加速し、3、4F目までスピードを継続。しかし、5F目では大きく減速している。過去5年で落差が1秒以内だったレースは皆無。

つまり、アイビスサマーダッシュというレースは最後の1Fでいかに持ちこたえられるかという“我慢比べレース”なのだ。

瞬発力よりも、中盤で脚を使える持続力と、最後の1Fで我慢できる底力が最も重要になってくる。

サンデーサイレンス系が不振

血統的に父サンデーサイレンスが強調できないといったのも、これが理由である。瞬発力に優れたSS系は、基本的にアイビスSDには合わない。

実際、SS系の過去5年の成績は……

父サンデーサイレンス
(0−0−1−11)

母父サンデーサイレンス
(1−0−0−7)

ご覧のとおり、悲惨な成績に終わっている。唯一の好走馬アルティマトゥーレは後にスプリンターズSで1番人気に推されたほどの馬。しかしここでは2番人気3着と人気を裏切っている。

まとめると、瞬発力に秀でたSSの血はこの舞台においては大きなマイナスになる

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!