撮影:阪神サラブレッドクラブ

新潟芝1000mで行われるアイビスサマーダッシュ。当重賞は、いつにもまして騎手が重要な鍵を握るレースだ。

新潟芝1000mは日本で唯一の直千競馬で、他のコースとはまったく異なる。当然、仕掛けどころの経験が大きなアドバンテージとなってくるし、普段から結果を残している騎手は強調できる。何人か紹介していこう。




☆━━━━PR━━━━☆
JIN競馬メルマガ
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

1.村田一誠

まずは何といっても村田一誠騎手。過去3年のデータを見てみると……

(11−5−3−25)
複勝率43%
単勝回収値242 複勝回収値108

ご覧のとおり、素晴らしい戦績を残している。11勝というのは全騎手中ダントツのトップ。2007年には13番人気のサンアディユで当レースを制覇。

今年は有力馬の1頭アフォードに騎乗。当然、無視できる存在ではない。

2.西田雄一郎

(7−5−3−32)
複勝率31%
単勝回収値189 複勝回収値138

村田騎手には好走率で差があるものの、回収率の面ではまったく劣っていない西田騎手。一昨年にはケイティラブで優勝。今年はコパノオーシャンズに騎乗。

パワーに直結する馬体重における取捨選択

さて、次に挙げたいのは馬体重に関して。パワーが大きな鍵を握るアイビスSDにおいて、馬体重はひとつの大きなファクターとなる。

パワー、馬力が必要ということは、馬体重はそれなりにないとダメ。

馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg6.3%6.3%4412
400~419kg3.7%16.7%1236
420~439kg11.8%27.0%11788
440~459kg7.1%23.3%5366
460~479kg7.3%25.1%5286
480~499kg9.4%31.5%8889
500~519kg10.3%28.2%168109
520~539kg8.3%25.0%109125
540~0.0%0.0%00

ご覧のとおり、480〜519キロまでのゾーンが好走率、回収率ともに高い。

実際、過去10年のアイビスSDおいて、459キロ以下だった馬の成績は(1−0−1−18)と結果が出ていない。しかも勝った1頭は斤量面で恩恵を受けている、夏に強い3歳牝馬。3歳牝馬を除外すると(0−0−1−17)と、ほとんど期待を持てない。

やはり馬体重は480キロ以上あったほうがベターだといえるだろう。

となると、馬体重が軽いこの馬はかなり厳しい戦いを強いられそうだ。その馬とは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!