今週は函館2歳Sについて見てきたが、今回は出走馬の「全頭診断」を行う(今回は前編)。

現時点での評価であるものの、週末の予想に直結するかもしれないため、ぜひチェックしておいてほしい。

ヴァイサーリッター
父デュランダル、母父サクラバクシンオーという血統。どちらもスプリント戦で活躍した血統だけにスピードは十分。しかし、どちらも古馬になってから本格化した馬で、早熟性はあまり感じない。ノーザンテーストのクロスを持っている点は心強いが、スタミナという点でもどうか。

ウインイルソーレ
父ファスリエフはカルティエ賞最優秀2歳牡馬に輝いた馬で、産駒は主にダート短距離で活躍。そういう意味では好走血統に合致していると言える。母母父ニジンスキーも強調材料。ただ前走1600mというのは気になるところ。

オールパーパス
父ダイワメジャー、母父フレンチデピュティという血統。新馬戦のパフォーマンスはなかなか。ただ血統的にはダート適性を感じる一方で、ややスタミナに欠ける印象。父サンデーサイレンス(SS)系というのも、あまりいい印象ではない。

キタサンラブコール
父キングヘイロー、母父テンビーという血統。全兄のローレルゲレイロはこのレースで2着になっているだけに、適性は問題なし。キングヘイローの父ダンシングブレーヴは凱旋門賞馬。そして母父テンビーは現役時代に2歳GIを買っていて、仕上がりの早さを期待できる。母母父カコイーシーズも早熟面、パワー面を考えるとドンピシャの血統だといえる。

クリスマス
おそらく一番人気になるのはこの馬。父バゴ、母父ステイゴールドという血統の馬だ。父バゴは凱旋門賞で、2歳GI勝利実績のある馬。また、ステイゴールドもスタミナのある種牡馬だ。ただひとつ気になるのがあまりパワーを感じない点

テルミドール
父アドマイヤマックス、母父マヤノトップガンという血統。マヤノトップガンは菊花賞、天皇賞春を勝っているスタミナ豊富な馬だ。ミスプロ系の母母父ジェイドロバリーも心強い。父はSS系のアドマイヤマックスだが、その中ではこのレースに適性があると言っていい血統だけに、期待できるとみる。

トーセンシルエット
父トーセンダンス、母父スウェプトオーヴァーボードという血統。トーセンダンスは菊花賞馬ダンスインザダークの全弟で、豊富なスタミナを誇っている。(昨年の菊花賞3着馬ユウキソルジャーもトーセンダンス産駒。)スウェプトオーヴァーボードはミスプロ系で早熟性を持っている。父SS系であるものの、トータルで見ると好走血統に合致

ドラゴンスズラン
父ゴールドアリュール、母父サクラバクシンオーという血統。ゴールドアリュールは自身がダートGI馬で、種牡馬としても数々のダートGI馬を輩出している。ただ全体的に早熟でもスタミナがあるわけでもなく、狙うべき血統とは少しずれる印象。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!