秋初戦を勝利で飾りたいギュスターヴクライ (C)ARIMA0208

南部杯

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

エスポワールシチーは断然固い。問題となるのは相手探しだろう。となると、一番面白いのはこの馬。



京都11R 京都大賞典

◎02 マルカボルト
◯14 メイショウカンパク
▲06 ギュスターヴクライ
☆08 ローズキングダム
△13 フォゲッタブル
△05 マカニビスティー

京都芝2400mで行われる京都大賞典。正直なところ、上位人気馬が信用できないのに、買いたい穴馬もいないという残念なレース。

考えた末、本命はマルカボルトにした。適性的に京都芝2400mは合わないだろうが、血統的に言えばネオユニヴァースはこのコースで穴を出すなど期待のできる種牡馬。

メンバー構成的にこの馬とコスモラピュタが行くことは間違いない一方で、上位人気馬は控えたいタイプが揃った。フミノイマージンは距離が、ローズキングダムは3200m→1600m→2400mというめちゃくちゃなローテーションが災いしてペースに乗れない可能性もあり、となると行った行ったで決まる可能性もあると見る。

差し馬で面白いのはメイショウカンパクだろう。近走は結果を残せていないが、馬場だったり距離だったりと何かと注文をつけられる内容だった。追い比べなら上位人気馬に引けをとらない。

上位人気馬の中ではギュスターヴクライを1番手にとった。ハマれば怖いローズキングダムに加え、穴では適正ナンバーワンと思われるフォゲッタブル、マカニビスティーまで。

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!