秋初戦を迎えるカレンブラックヒル (C)arima0208

東京芝1800mで行われる毎日王冠。当コースでまず重要になってくるのは、距離適正である。

つまり、1800mという非根幹距離のレースに適応するだけの下地が備わっていなければ好走は難しい。

セントライト記念やオールカマーの際にも記したが、非根幹距離は特殊なレース質になりやすい。特殊なレース質だからこそ、その流れに適応できる特定の馬が何度も好走する“リピーターレース”になることが多いのだ。

実際、毎日王冠で好走した馬を見てみると、非根幹距離実績がない馬はほとんど見当たらない



2011年
ダークシャドウ
前走エプソムカップ 1着

リアルインパクト
京王杯2歳S 2着

ミッキードリーム
毎日杯 2着

2010年
アリゼオ
スプリングS 1着

エイシンアポロン
京王杯2歳S 1着

ネヴァブション
AJCC連覇 日経賞 1着

2009年
カンパニー
中山記念連覇

ウオッカ
※圧倒的1番人気で2年連続敗退

ハイアーゲーム
鳴尾記念 1着 AJCC 3着

ご覧のとおりだ。特に連対馬は、以下のいずれかの条件を満たしていることになる。

・前走非根幹距離重賞勝利
・非根幹距離GII以上連対(人気以上の好走は必須)

つまり、実績どころか出走経験すらないカレンブラックヒルにとっては厳しい舞台といえるわけだ。そもそも3歳馬にとって厳しい舞台。オグリキャップ以来22年ぶりに当レースを制したアリゼオは、確固たる非根幹距離実績があった。

無敗記録の継続に期待はかかるものの、簡単な戦いにはならないだろう。

逆に、最もグレードの高い非根幹距離レースにおいて実績があるこの馬にとっては、巻き返しのための格好の舞台といえるかもしれない。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!