今回は福島牝馬ステークス2016の回顧を行っていきましょう。

各馬の評価を見直し、レースを振り返ることで次走買えるのか否かが見えてきます!

回顧は「各馬が次走で買えるのか?」という予想のスタートです。しっかり振り返って行きましょう!



各馬の評価は?

1着 マコトブリジャール

展開○。枠○。すべてが恵まれた。次走、条件悪化なら割引

2着 シャルール

血統○も、枠△。コーナーで大幅距離ロス。特に1、2コーナーでも距離ロスが痛かった。その中で2着を確保したのだから素直に評価していい。ゼンノロブロイ牝馬なので長く活躍してくれそう。どこかでコケることもあるだろうが、人気落ちの時は特に注意したい

3着 オツウ

展開○。枠○。恵まれたが、ターコイズSとか今回みたいな競馬になるときに恵まれる才能を持っている。次走、条件悪化なら割引

4着 アースライズ

血統○。展開△。どうしても後ろから行くことが多くなっているため、前の馬に残られがち。大幅馬体減の影響もあったか。マンカフェ産駒なので基本的な期待値は高く、人気落ちした時は注意したい

5着 クインズミラーグロ

やや出負け。血統○。コーナーで距離ロス。好枠を引きながら内に入れることなくコーナーで外を回す幸騎手がやりがちな雑な競馬になってしまった。ここは狙い目だったし、ロスがなければ上位にいけただけに残念な競馬だった。今回掲示板に載ったことで次走以降はそこそこ人気になるだろうし、少し買いづらい馬になってしまったかなーという印象

上位入線馬の評価はこんなところですね。

なお、今回のメンバーの中で次走、好走する可能性が高い馬は、以下になります

その馬の名(H)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

評価→血統△。展開はむいたが、コーナーでの距離ロスが響いた。●●●●●●牝馬なので距離があったほうがいい。距離延長○。2000m未満だとこういう歯がゆい順位が続く

なお、メルマガ『実践的血統学』では全重賞を含む、全芝レースの回顧(馬別)を行っています。(↓↓サンプル↓↓)

京成杯2

このレースで6着以下だった馬や、重賞以外に出走した馬の評価が気になる方はぜひご購読を。次走の穴馬は6着以下に隠れていることが多いので、チェックしてみてくださいねー!

【メルマガ】『実践的血統学』詳細へ

2017年への教訓

・牝馬限定のローカル重賞。先行、内枠などが穴を空けがち

・グレイソヴリン、ニジンスキー、ロベルトといったローカル重賞や底力血統がベタに買い

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!