今回は東京新聞杯2016の検証をしていきます。

東京芝1600mで行われる古馬のGIIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

東京新聞杯_blood1

雨が多い時期なので馬場によって好走血統は違うんですが、総じて言えるのがスタミナのある馬が上位に来ている、という点ですね。

例えば2度好走しているクラレントはお父さんのダンスインザダークが菊花賞馬、母父のダンシングブレーヴが凱旋門賞馬という組み合わせです。

8番人気ながら2着だったガルボはお父さんがマンハッタンカフェ(菊花賞馬)、母父がジェネラス(凱旋門賞馬)と、こちらもスタミナ満点の血統でした。7番人気3着のヒットジャポットはお父さんがフジキセキ(マイラー)だったものの、母父は菊花賞血統のリアルシャダイです。

マイル重賞ながらスタミナ血統の馬が台頭する。それが東京新聞杯の一つのポイントと言えるでしょうね。

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

東京新聞杯_blood2

ご覧のとおり、人気馬が期待を裏切るケースが多い。波乱の要素がある重賞なんです。

血統が合う、合わない以前の問題として人気馬が信用できないシチュエーションにあるレースなので、頭に入れておきたいところ。詳しい考察は木曜日に配信するメルマガの重賞考察にて

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

東京新聞杯_blood3

1番人気が予想されるダノンプラチナですが、血統的には微妙なんじゃないでしょうか? 母系が軽いので、レースの傾向と合いません。

まぁどう考えてもここでは実力上位なので力だけで来てしまう可能性はありますが、上位人気馬が信頼できないレースだけに、取捨選択は慎重にしたいところ。

ダッシングブレイズは充実期にありますし、スタミナも問題なさそう。ただし、欧州のノーザンダンサー系を父に持つ血統の馬は重賞レベルになるとパフォーマンスを落とすケースが多々あるので、注意したいところです。

そんなわけで、穴馬候補はこの馬になります。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ベタすぎて死ぬほど穴人気すると思いますが、普通に考えて巻き返してくる可能性は高いと思います。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!