愛知杯2016の枠順が確定しました。

過去の枠順別の成績を踏まえて簡単に考察していきますね。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



愛知杯の枠順

馬名性齢
1 リメインサイレント牝6
1 ハピネスダンサー牝5
2*ヴィルジニア牝6
2 バウンスシャッセ牝5
3 クインズミラーグロ牝4
3 グレイスフラワー牝7
4 アースライズ牝4
4 フェリーチェレガロ牝6
5 アルマディヴァン牝6
B5 メイショウスザンナ牝7
6 マキシマムドパリ牝4
6 フレイムコード牝7
7 マコトブリジャール牝6
7 レイヌドネージュ牝6
7 リーサルウェポン牝5
8 シュンドルボン牝5
8 タガノエトワール牝5
B8 オツウ牝6

こんな枠順になりました。

愛知杯は開催時期が12月から1月に変わったので、ここでは昨年の1回中京開催の枠順傾向を見てみましょう。

1〜4枠
(12−10−9−99)
勝率9%
複勝率24%
単勝回収値169
複勝回収値149

5〜8枠
(6−8−9−135)
勝率4%
複勝率15%
単勝回収値21
複勝回収値35

ご覧のように、圧倒的に内枠の成績がいいですね。外枠から来るのはほとんどが人気馬、という状況でした。

ただし、昨年末の開催では反対に圧倒的に外枠が有利でした。中京は年始の開催は内枠有利、それ以降は外枠有利、という感じになりがちなので、例年の傾向でいえば内がいいように思えますが、昨年末の傾向を引きずっているとしたら外枠がいいかもしれないので、そこを予想するのは難しいですね。最終的には当日の馬場を見て判断したいところです。

なお、いい枠順を引いたのはこの馬でしょう。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!